コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建国記念の日 けんこくきねんのひ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建国記念の日
けんこくきねんのひ

国民の祝日の一つで,2月 11日。 1957年,かつての紀元節建国記念日として祝日に追加する法案国会上程。 66年6月に参議院で「国民の祝日に関する法律」の改正案が可決された結果,建国記念日審議会が首相の諮問機関として設けられ,12月に「建国記念の日」が公布された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けんこくきねん‐の‐ひ【建国記念の日】

国民の祝日の一。2月11日。昭和41年(1966)、建国をしのび、国を愛する心を養うという趣旨で制定され、翌年から実施。もとの紀元節にあたる。建国記念日。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

建国記念の日【けんこくきねんのひ】

国民の祝日の一つ。2月11日。1966年制定。戦前の紀元節の日に当たる。建国をしのび,国を愛する心を養うことが趣旨。
→関連項目国民の祝日

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本文化いろは事典の解説

建国記念の日

2月11日は「建国をしのび、国を愛する心を養う日」として、1966年に「建国記念の日」に定められました。

出典|シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

けんこくきねんのひ【建国記念の日】

国民の祝日の一。2月11日。建国をしのび、国を愛する心を養うという趣旨で、1967年(昭和42)より実施。旧制の紀元節に当たる。 [季] 春。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

建国記念の日
けんこくきねんのひ

2月11日。「建国をしのび、国を愛する心を養う」趣旨の国民の祝日。この日は旧紀元節で、講和条約発効後根強い復活の動きがあり、激論のなか日取り未定のまま、1966年(昭和41)国民の祝日に追加された。内閣に審議会を設けて審議の結果、同年12月、10委員中7人の賛成で「2月11日」と答申され、翌67年2月9日政令公布された。例年賛否両派が集会などを行っている。[森脇逸男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

建国記念の日の関連キーワード日本(にほん)佐藤栄作内閣祝日・休日文化勲章金鵄勲章体育の日敬老の日祝祭日右翼旧制法律

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

建国記念の日の関連情報