コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引接/引摂 インジョウ

デジタル大辞泉の解説

いん‐じょう〔‐ゼフ〕【引接/引摂】

仏語。
仏・菩薩(ぼさつ)が衆生をその手に救い取り、悟りに導くこと。
人の臨終のとき、阿弥陀仏が来迎(らいごう)して極楽浄土に導くこと。

いん‐せつ【引接】

[名](スル)
呼び入れて対面すること。主として相手が目下の者の場合にいう。引見。「国王が新任大使を引接する」
ある人を他の人に引き合わせること。
いんじょう(引接)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いんせつ【引接】

( 名 ) スル
(目下の人を)呼び入れて対面すること。引見。
いんじょう(引接) 」に同じ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone