コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引接/引摂 インジョウ

デジタル大辞泉の解説

いん‐じょう〔‐ゼフ〕【引接/引摂】

仏語。
仏・菩薩(ぼさつ)が衆生をその手に救い取り、悟りに導くこと。
人の臨終のとき、阿弥陀仏来迎(らいごう)して極楽浄土に導くこと。

いん‐せつ【引接】

[名](スル)
呼び入れて対面すること。主として相手が目下の者の場合にいう。引見。「国王が新任大使を引接する」
ある人を他の人に引き合わせること。
いんじょう(引接)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いんせつ【引接】

( 名 ) スル
(目下の人を)呼び入れて対面すること。引見。
いんじょう(引接) 」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

引接/引摂の関連キーワード允・印・咽・員・因・姻・寅・引・慇・殷・淫・胤・蔭・院・陰・隕・隠・隱・音・韻・飲節・竊・切・刹・截・折・拙・接・摂・攝・泄・渫・窃・節・褻・設・説・雪福井県越前市京町千本閻魔堂閻魔堂狂言広橋綱光来迎美術太子信仰千本念仏来迎引接古市義秀閻魔堂仏の舞来迎図練供養活速祭小野篁仏語衆生瞻西

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android