コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引見 インケン

デジタル大辞泉の解説

いん‐けん【引見】

[名](スル)地位の高い人が、人を呼び入れて対面すること。「法王が使節を引見する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いんけん【引見】

( 名 ) スル
身分の高い者が目下の者を呼び寄せて対面すること。 「国王みずから使者を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の引見の言及

【見参】より

…平安時代より見られる用語で,目下の者が目上の者のもとへ参上して対面すること。また逆に目上の者が目下の者を出頭させ対面すること,すなわち引見,謁見。また官人が節会や宴会に出席することもいう。…

※「引見」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

引見の関連キーワード硏・乾・件・倦・倹・健・儉・兼・券・剣・劍・喧・圈・圏・堅・嫌・嶮・巻・建・憲・懸・拳・捲・検・権・檢・權・牽・犬・狷・献・獻・県・眷・瞼・研・硯・絢・絹・縣・繭・肩・虔・見・謙・譴・賢・軒・遣・鍵・間・険・險・顕・顯・験・驗允・印・咽・員・因・姻・寅・引・慇・殷・淫・胤・蔭・院・陰・隕・隠・隱・音・韻・飲アレクサンドロス(マケドニア王)魏志倭人伝(読み下し)安土桃山時代(年表)江戸時代(年表)室町時代(年表)シクスツス4世文禄・慶長の役天正遣欧使節黒田 清綱後白河天皇豊臣秀吉桂川甫周胆沢城跡海北友雪大内義隆加藤段蔵徳川家定本因坊

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

引見の関連情報