呼水(読み)よびみず

精選版 日本国語大辞典「呼水」の解説

よび‐みず ‥みづ【呼水】

〘名〙
① 堰(せき)を作って水を引くこと。また、江戸時代、上水のこと。
② 目的の水をさそい出すための水。ポンプから水が出ない時、別に小量の水を上から入れることなど。また、その水。さそい水。
③ ある物事をひきおこすきっかけ。
※竹山道雄への公開状(1951)〈中島健蔵〉二「『誘いの水』が呼び水の役に立たず〈略〉わたくしのひとりずもうになった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「呼水」の解説

よび‐みず〔‐みづ〕【呼(び)水】

ポンプの水が出ないとき、またはポンプで揚水するとき、水を導くために外部から入れてポンプ胴内に満たす水。誘い水。
ある事柄をひきおこす、きっかけ。誘い水。「不用意な発言が議会混乱の呼び水となる」
漬物の漬け水の上がり方をよくするために加える塩水。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例