コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強制貯蓄 きょうせいちょちく

世界大百科事典 第2版の解説

きょうせいちょちく【強制貯蓄】

物価が上昇するとき,人々の貨幣所得の上昇がこれに追いつかず,その結果実質所得と実質消費が減少することから生じる非自発的貯蓄を指す。したがって政府が法律等で国民に貯蓄を強制する場合は含まれない。所得から消費を差し引いたものが貯蓄であるが,それは通常,人々が自分の意思で進んで行う自発的貯蓄という形をとる。この貯蓄は金融市場(銀行等の金融機関)を通じて企業に貸し付けられ,産業の資本蓄積に役立つ。これに対して強制貯蓄は,物価騰貴を通じて実質所得が減少した結果やむをえず消費を切りつめることから生じる現象である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

強制貯蓄
きょうせいちょちく
forced saving

貯蓄者の自由意志によってなされる自発的貯蓄や、法律または命令によって権力的に強制される強権的貯蓄(第二次世界大戦中、日本政府が国民に国債を事実上強制的に割り当てたことなどが好例)と異なり、経済的理由とくに物価上昇によって生み出される貯蓄をいう。たとえば投資資金が信用創造によって生み出される場合、経済が完全雇用に近い状態であると、需要が供給を上回って物価は上昇する。消費者は、前と同じ所得ではより少ない消費財しか買えなくなるから、社会全体としてみると、それだけ消費が切り詰められ、貯蓄が発生することになる。これが強制貯蓄であり、シュンペーター、ハイエクなどが資本形成の一過程として重視した。[一杉哲也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

強制貯蓄の関連キーワードカッセル(Gustav Cassel)厚生年金保険

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android