コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強化食品 きょうかしょくひん

6件 の用語解説(強化食品の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

強化食品
きょうかしょくひん

食品の本来の風味や色などを変えることなく,ビタミンミネラルまたはアミノ酸のような微量栄養素を食品に加えて栄養増強を行う目的でつくられた食品。アメリカでは 1936年以来取上げられ,イギリスでは 40年以来,日本では 52年以来実施され,代表的なものは白米,小麦粉,味噌,マーガリン魚肉ソーセージなどである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きょうか‐しょくひん〔キヤウクワ‐〕【強化食品】

ビタミン・無機質アミノ酸などの栄養成分を添加・補強した食品。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

強化食品【きょうかしょくひん】

食品本来の色や風味をそこなうことなくビタミンやミネラルなどの栄養素を加え,栄養価を高くした食品。栄養改善法によって規則づけられている。米,小麦粉,みそ,醤油,乳製品,菓子,ジュース類などに対し,ビタミンB1,B2,C,A,Dやカルシウムなどを強化する。
→関連項目栄養補助食品

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

強化食品

 栄養価を高めるため単数もしくは複数の栄養素を添加した食品.製品は栄養改善法によって許可される.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きょうかしょくひん【強化食品 enriched food】

食品本来の色や風味などを変えることなく栄養補強された食品。人類は昔は収穫した食物にほとんど手を加えずに,食品としてとっていたが,近代になって産業が発達するとともに,精製された食物をとるようになった。例えば,小麦は精粉により胚芽部が除かれ,米も搗精(とうせい)によりやはり胚芽部が除かれてしまう。ところが,この除かれる部分にビタミンなどの栄養素が多く含まれている。また,食品を殺菌のために加熱すると,熱に弱い栄養素は破壊される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

強化食品
きょうかしょくひん

食品の風味や色などを損なうことなくビタミンや無機質、アミノ酸などを加え、栄養強化を行った食品。1952年(昭和27)、栄養改善法によって制度化され、旧厚生大臣の許可を必要としたもので、正しくは栄養強化食品といった。強化食品は国民の栄養改善を目的にしたもので、米、押し麦、小麦粉などの10食品にビタミンB1、カルシウムなど8種類の栄養素が強化された。代表的なものがビタミンB1、B2を添加した強化米であった。その後、国民の栄養摂取状況が改善され、特定の栄養素を補給した強化食品以外に、健康増進や生活習慣病予防を目的として栄養成分の添加や調整をした食品が多く出回るようになった。1995年(平成7)の「食品衛生法及び栄養改善法の一部を改正する法律」により新しく栄養表示基準制度がスタートし、「強化食品」と称するものはなくなった。新制度では栄養成分や熱量に関して「高」「低」「無」などの表示をする場合の基準を定め、主要な栄養成分の含有量や熱量も表示することを義務づけている。[河野友美]

由来

1936年、アメリカで子供のくる病防止の目的で牛乳にビタミンDを加えたのが食品栄養強化の始まりである。40年、イギリスでは小麦粉にビタミンB1を加えることが実施された。日本では49年(昭和24)ごろから取り上げられ、52年に「強化食品に関する勧告」が出され、また、同年、栄養改善法が公布されるに及んで具体化した。同法は、国民の栄養調査および指導、集団給食の栄養管理などとともに、「特殊栄養食品」の普及を定めた。「特殊栄養食品」には、強化食品と、妊産婦・授乳婦用粉乳などがあった。強化食品とは、各指定食品について設けられた強化基準量を含有し、旧厚生大臣の許可を受けたものをいい、これらを満たしたものは、強化内容や分量、栄養の一般分析値を表示し、「厚生省許可・特殊栄養食品」の証票を標示して市販することができた。この制度自体は廃止されたが、栄養を強化することはその後も行われている。強化する栄養素はビタミンB1とカルシウムが中心で、強化した食品の代表的なものが強化米である。栄養素の強化はビタミンB1をはじめB2、B6、ナイアシンなどビタミンがおもなものと、カルシウムがおもなものとがある。強化米は、洗米のとき強化ビタミンが溶出して損失しないよう、水に不溶性のビタミンを使用したり、米の表面に薄い膜をコーティングしたりしている。炊飯時に通常の米に混合して使用する。そのほか、カルシウムを強化したビスケットやウェファー(ウエハース)などの菓子類がある。[河野友美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の強化食品の言及

【食品】より

… なお,以上のほかに,〈栄養改善法〉によって規定された特殊栄養食品がある。特殊栄養食品は,強化食品ならびに特別用途食品に大別される。強化食品には米,押麦,小麦粉,食パン,ゆでめん,乾めん,即席めん,みそ,マーガリン,魚肉ハム,魚肉ソーセージなどがあり,特別用途食品には,低ナトリウム食品,低カロリー食品,低タンパク食品,無乳糖食品,アレルギー疾患用食品,糖尿病食調整用組合せ食品,肝臓病食調整用組合せ食品などがある。…

※「強化食品」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

強化食品の関連キーワード変化転身変針変節変造目先を変える目の色を変える模様替えギアリング宗旨を変える

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

強化食品の関連情報