当別(町)(読み)とうべつ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

当別(町)
とうべつ

北海道中西部、石狩(いしかり)振興局管内の町。札幌市北東部に接する。1947年(昭和22)町制施行。町名はアイヌ語トウペツ(沼から来る川の意)による。JR札沼(さっしょう)線、国道275号、337号が通じる。石狩川の下流部とその支流当別川に沿う南北に細長い地域を占め、米作のほか、切り花栽培、ニンジン、イチゴなどの都市近郊園芸が行われる。1871年(明治4)仙台藩の一門岩出山(いわでやま)領主伊達邦直(だてくになお)が家臣とともに入植して今日の基礎を築いたが、このことは本庄陸男(ほんじょうむつお)の小説『石狩川』に詳しい。1962年に始まる第一次北海道総合開発事業の一環として、泥炭地は土質改良され、また当別川上流の青山ダム建設により稲作作付面積は著しく増加し、農家経営は安定した。高度成長期以後は住宅団地が建設され、札幌のベッドタウン化が進んだ。面積422.86平方キロメートル、人口1万7278(2015)。[奈良部理]
『『当別町史』(1970・当別町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android