コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後付け/跡付け アトツケ

2件 の用語解説(後付け/跡付けの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あと‐つけ【後付け/跡付け】

江戸時代、客の乗った馬の後方に荷をつけること。また、その荷。武士の乗る場合は多く刀箱であった。
「―あけて路銀のうち十両、当分入り用に使ひ給へと渡せば」〈浮・新可笑記・五〉
芸者が付き添いに持たせる三味線箱。1の刀箱に形が似ていたところからいう。
「―を持たせて芸者舟へ来る」〈柳多留・一四〉
遊女の後方から見張りとしてついて行く男。妓夫(ぎゅう)。
「置き手拭ひして、―の男を待ち合はせ」〈浮・一代男・三〉
ある人の詠じた詩歌の末の字を最初の字として他の人が詩歌を作ること。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone