コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤慶二 ごとうけいじ

4件 の用語解説(後藤慶二の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後藤慶二
ごとうけいじ

[生]1883. 東京
[没]1919. 東京
建築家。 1909年東京帝国大学工科大学建築学科卒業。司法省に入り,東京中野の豊多摩監獄を設計 (1915年完成) した。その作品には,イギリスで J.ラスキンらが唱えた中世主義の影響が色濃く,当時の建築界のクラシカルな作風とは一線を画しており,村野藤吾今井兼次らに強い影響を与えたが夭折した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤慶二 ごとう-けいじ

1883-1919 明治-大正時代の建築家。
明治16年10月29日生まれ。司法省にはいり,東京中野の豊多摩刑務所などを設計。のち早大講師もつとめ,中村鎮(ちん),村野藤吾(とうご)らをおしえる。構造研究,デザインの両面にすぐれた。大正8年2月3日死去。37歳。東京出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

後藤慶二

没年:大正8.2.3(1919)
生年:明治16.10.29(1883)
明治大正期の建築家。東京生まれ。明治42(1909)年に東京大学を卒業し,司法省営繕課へ入省,東京中野の豊多摩刑務所の設計および現場監督に従事する。この仕事を契機に,構造上の研究にも手を染め,構造学の優れた論文を発表。また,デザイン上でも卓越した能力を持つレオナルド的才人であった。夭折のため寡作であるが,ドイツのユーゲントスティールを髣髴させる作風で,東京区裁判所をはじめ,いくつかの住宅作品を残した。雑誌への寄稿も多く,建築論者としての先駆的役割を果たした。『日本劇場史』(1925)の著書もある。<参考文献>『後藤慶二氏遺稿』(私家版)

(大川三雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ごとうけいじ【後藤慶二】

1883‐1919(明治16‐大正8)
建築家。東京に生まれる。1909年東京帝国大学工科大学建築学科卒業。以後司法省で裁判所,監獄等を設計する。文人的素養と建築家的資質がよく結びつき,明治以降顕著であった西洋建築の模倣移植という技術的な建築理論を超えて,自己の内面的な価値を表現する創作理論を初めて切り開いた。作品には豊多摩監獄(1915)があり,そのこまやかな情感は大正建築を代表する。著作に《日本劇場建築史》(1925)がある。【丸山 茂】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

後藤慶二の関連キーワード岡田信一郎片岡安伊藤滋岩元禄大江新太郎佐藤功一安井武雄レツェル渡辺節和田善平

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone