徒衆(読み)としゅう

精選版 日本国語大辞典「徒衆」の解説

と‐しゅう【徒衆】

〘名〙 (「としゅ」とも)
① 馬や乗物に乗らない歩の家来。徒卒。かちしゅう。
② あとに従う人々。供の人々。弟子の人々。また、民。庶民。大衆。
※続日本紀‐大宝二年(702)四月庚子「禁賀茂神日、徒衆会集仗騎射」 〔春秋穀梁伝‐隠公元年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「徒衆」の解説

【徒衆】としゆう

庶民。部下。〔穀梁伝、隠元年〕夏五伯、(共叔)(えん)に(か)つ。~何を以てすとはざる。段の徒衆るを見(しめ)すなり。

字通「徒」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android