コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御代田町 みよた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御代田〔町〕
みよた

長野県東部,浅間山の南西方にある町。 1956年御代田村,小沼村,伍賀 (ごか) 村が合体して町制。山麓部の標高 800~1200mに集落があり,中心集落の御代田には精密機械などの工場がある。山腹ではキャベツ,レタスなど高冷地野菜の栽培が行われる。軽井沢町の西に接するために西軽井沢の一部として別荘地や民宿が多い。標高 2000m付近は高峰高原と呼ばれ,観光開発が進んでいる。町域の一部は上信越高原国立公園に属する。しなの鉄道,国道 18号線が通る。面積 58.79km2。人口 1万5184(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

御代田町の関連キーワードシチズンファインテックミヨタ長野県北佐久郡御代田町御代田長野県北佐久郡御代田町馬瀬口農業食品産業技術総合研究機構長野県北佐久郡御代田町茂沢長野県北佐久郡御代田町豊昇長野県北佐久郡御代田町草越長野県北佐久郡御代田町面替長野県北佐久郡御代田町塩野長野県北佐久郡御代田町広戸シチズンマシナリーミヤノ浅間縄文ミュージアム御代田町の要覧長野県北佐久郡御煮掛け饂飩軽井沢八月祭中山 久四郎御代田(町)村瀬 玄妙ミネベア

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御代田町の関連情報