コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高峰高原 タカミネコウゲン

4件 の用語解説(高峰高原の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たかみね‐こうげん〔‐カウゲン〕【高峰高原】

長野・群馬の県境、浅間山の西方にある標高2106メートルの高峰山周辺の高原。車坂峠を中心とし、高峰温泉がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

高峰高原【たかみねこうげん】

長野県東部,浅間山の西に連なる黒斑(くろふ)山,車坂峠,高峰山付近の高原。標高約2000m。カラマツの林が多く,夏のハイキングによく,冬はスキー場。上信越高原国立公園に含まれ,車坂峠近くに高峰温泉があり,小諸市街からバスがある。
→関連項目小諸[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

たかみねこうげん【高峰高原】

長野県東部、浅間山西方の高峰山(2091メートル)の西方にひろがる高原。車坂峠を中心とする。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高峰高原
たかみねこうげん

長野県東部、浅間火山西方の高峰山(2091メートル)北側に展開する高原。東方の黒斑山(くろふやま)と西方の籠ノ登(かごのと)山の鞍部(あんぶ)である車坂峠(1968メートル)を中心とし、近くには国民宿舎やロッジ、スキー場などがある。眼下に佐久盆地の全景、遠くに蓼科(たてしな)、八ヶ岳(やつがたけ)の連峰が一望できる。付近一帯は、コメツガ、モミ、カラマツなどの針葉樹が多く、ヤナギランなどの高山植物もみられる。上信越高原国立公園域に含まれる。高峰山北西方には高峰温泉があり、さらに西方の湯ノ丸高原とを結ぶドライブウェーが通じる。しなの鉄道小諸(こもろ)駅、JR北陸新幹線佐久平駅からバスの便がある。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高峰高原の関連情報