高峰高原(読み)タカミネコウゲン

百科事典マイペディアの解説

高峰高原【たかみねこうげん】

長野県東部,浅間山の西に連なる黒斑(くろふ)山,車坂峠,高峰山付近の高原。標高約2000m。カラマツの林が多く,夏のハイキングによく,冬はスキー場。上信越高原国立公園に含まれ,車坂峠近くに高峰温泉があり,小諸市街からバスがある。
→関連項目小諸[市]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

たかみねこうげん【高峰高原】

長野県東部、浅間山西方の高峰山(2091メートル)の西方にひろがる高原。車坂峠を中心とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高峰高原
たかみねこうげん

長野県東部、浅間火山西方の高峰山(2091メートル)北側に展開する高原。東方の黒斑山(くろふやま)と西方の籠ノ登(かごのと)山の鞍部(あんぶ)である車坂峠(1968メートル)を中心とし、近くには国民宿舎やロッジ、スキー場などがある。眼下に佐久盆地の全景、遠くに蓼科(たてしな)、八ヶ岳(やつがたけ)の連峰が一望できる。付近一帯は、コメツガ、モミ、カラマツなどの針葉樹が多く、ヤナギランなどの高山植物もみられる。上信越高原国立公園域に含まれる。高峰山北西方には高峰温泉があり、さらに西方の湯ノ丸高原とを結ぶドライブウェーが通じる。しなの鉄道小諸(こもろ)駅、JR北陸新幹線佐久平駅からバスの便がある。[小林寛義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たかみね‐こうげん ‥カウゲン【高峰高原】

長野県小諸市の北方、群馬・長野県境をなす高原。標高一五〇〇~一九〇〇メートル。自然休養林に指定され、カラマツ、レンゲツツジが美しい。上信越高原国立公園の一部。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android