コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御所落雁 ゴショラクガン

3件 の用語解説(御所落雁の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ごしょ‐らくがん【御所落×雁】

富山県南砺(なんと)市井波地区の名物の落雁和三盆を使い、淡紅色と白色とがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ごしょらくがん【御所落雁】

干菓子の一。溶いた氷砂糖ともち米の粉で製した落雁。長方形で紅・白がある。富山県南砺なんと市の銘菓。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御所落雁
ごしょらくがん

富山県南砺(なんと)市井波(いなみ)の名物落雁。寒ざらしの越中糯米(えっちゅうもちごめ)を蒸し、太陽にさらしてから石臼(いしうす)にかけ、さらに鍋(なべ)で煎(い)る。これに和三盆を蜜(みつ)に溶いてあわせ、木型に詰める。木型に糸巻きの文様があるので、糸巻き落雁ともいう。御所落雁のいわれは、山城(やましろ)国愛宕(おたぎ)郡壬生(みぶ)(京都府)の武人板倉治部(じぶ)広定が御所の疲弊を嘆き、米粉を煎って打ち菓子をつくり、後土御門(ごつちみかど)天皇に献じて嘉賞(かしょう)されたことによる。のち板倉氏は、坊主大名といわれた瑞泉寺蓮乗(ずいせんじれんじょう)に従い井波にきたが、1581年(天正9)板倉弘方の代に、瑞泉寺顯秀(けんしゅう)が佐々成政(さっさなりまさ)の攻撃に敗れたのを機に菓子司に転じた。その板倉家に伝わる木型を譲られたのが、今日つくられる河内屋(かわちや)の御所落雁である。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御所落雁の関連キーワード井波城端利賀福光大牧温泉南砺市南紀南砺人形山たいら

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone