コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御手洗団子 ミタラシダンゴ

デジタル大辞泉の解説

みたらし‐だんご【御手洗団子】

米粉のだんごを串(くし)にさし、軽く焼いて砂糖醤油(じょうゆ)をからめたもの。京都の下鴨神社御手洗会の時に茶屋で売られる。 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

みたらしだんご【御手洗団子】

和菓子の一種。米粉で作っただんごを数個竹串に刺し、砂糖じょうゆのたれをからめたもの。◇京都・下鴨神社のみたらし祭で、氏子が五体に見立てて5つずつ串に刺しただんごを供物とし、持ち帰って食べ厄除けとしたものが、境内の茶店などで売られるようになったとされる。また、後醍醐(ごだいご)天皇(1288~1339)が境内の御手洗池で水をすくうと、泡が1つ、しばらくして4つ浮かんできたという伝承から作られたものともいわれる。古くはしょうゆでつけ焼きにしたものであったが、こんにち普及している甘いたれは、和菓子店「亀屋粟義(かめやあわよし)」が考案して1922(大正11)年門前に開業した「加茂みたらし茶屋」で売り出したものとされ、現在も同店に伝わる。また、岐阜・飛騨地方には、しょうゆでつけ焼きにしたものが名物菓子として伝わる。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

みたらしだんご【御手洗団子】

竹の串に数個の団子をさしたもの。初めは醬油で付け焼きにしたが、のちには葛餡くずあんをかけたものなども作られる。京都下鴨神社の御手洗川で行われる御手洗会の際、糺ただすのもりの茶店で売られる。みたらし。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

みたらしだんご【御手洗団子】


和菓子の一種。米粉で作っただんごを数個竹串に刺し、砂糖じょうゆのたれをからめたもの。◇京都・下鴨神社のみたらし祭で、氏子が五体に見立てて5つずつ串に刺しただんごを供物とし、持ち帰って食べ厄除けとしたものが、境内の茶店などで売られるようになったとされる。また、後醍醐(ごだいご)天皇(1288~1339)が境内の御手洗池で水をすくうと、泡が1つ、しばらくして4つ浮かんできたという伝承から作られたものともいわれる。古くはしょうゆでつけ焼きにしたものであったが、こんにち普及している甘いたれは、和菓子店「亀屋粟義(かめやあわよし)」が考案して1922(大正11)年門前に開業した「加茂みたらし茶屋」で売り出したものとされ、現在も同店に伝わる。また、岐阜・飛騨地方には、しょうゆでつけ焼きにしたものが名物菓子として伝わる。

出典|講談社日本の郷土料理がわかる辞典について | 情報