コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御木本幸吉 みきもとこうきち

8件 の用語解説(御木本幸吉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御木本幸吉
みきもとこうきち

[生]安政5(1858).1.25. 鳥羽
[没]1954.9.21. 多徳島
実業家。養殖真珠の創始者。ミキモトパールとして世界的に有名。生家はうどん製造販売業。少年時代には青物行商などで生計を立て,1880年鳥羽町会議員となり,また海産物取引などに従事した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みきもと‐こうきち〔‐カウキチ〕【御木本幸吉】

[1858~1954]実業家。三重の生まれ。養殖真珠の創始者。明治38年(1905)世界初の真円真珠の養殖に成功し、ミキモトパールとして世界各地に輸出、真珠王といわれた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

御木本幸吉【みきもとこうきち】

実業家。三重県生れ。1890年から真珠の養殖を手がけ,1893年に半円真珠,1905年志摩郡多徳島の養殖場で真円真珠の人工製造に成功。養殖真珠を日本の重要輸出品にまで高め,〈ミキモト・パール〉を世界に知らしめた。
→関連項目英虞湾養殖真珠

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

御木本幸吉 みきもと-こうきち

1858-1954 明治-昭和時代の実業家。
安政5年1月25日生まれ。志摩(三重県)鳥羽の海産物商。明治23年アコヤガイ(真珠貝)の養殖に着手。箕作佳吉(みつくり-かきち)らの指導をうけ,26年半円真珠,38年真円真珠の養殖に成功。品質改良と販路拡張につとめ,世界の真珠王といわれた。貴族院議員。昭和29年9月21日死去。96歳。
【格言など】人間は運と知恵だけでは成功しない。健康が大切だ

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

御木本幸吉

没年:昭和29.9.21(1954)
生年:安政5.1.25(1858.3.10)
明治大正期の真珠養殖業者。志摩国(三重県)鳥羽のうどん製造販売業者の長男。進取的な祖父の血を受けた幸吉は,地の利をいかした海産物取引に着眼し,干しアワビを取り扱ううちに真珠に関心を寄せていった。明治26(1893)年志摩相島において養殖に成功し,英虞湾田徳島(のちの多徳島)に御木本養殖場を開設,その後も明治末から大正にかけて,県外にも漁場を拡大することに意を用いた。事業を成功に導いたのは,優良漁場の確保とともに,29年の養殖技術に関する特許取得を手始めとする数々の特許獲得による養殖技術の独占,真珠加工工場の併設,および積極的なPR活動である。32年東京銀座に開店。その前後からほぼ毎年海外博覧会に出品し,大正末以降,ロンドン,ニューヨーク,パリなどにも直販店を開設して「世界のミキモト」としての地位を確立した。<参考文献>乙竹岩造『伝記御木本幸吉』,大出日出雄『御木本幸吉』

(西村はつ)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みきもとこうきち【御木本幸吉】

1858‐1954(安政5‐昭和29)
真珠養殖家。三重県鳥羽のうどん屋に生まれた。幼いころから旧藩士や洋学者のもとへ勉学に通い,長じて海産物商となり天然真珠の売買も行い,29歳のとき,英照皇太后の命により真珠を上納した。そのころからシンジュガイの増殖に腐心していたが,第3回内国勧業博覧会(1890)にシンジュガイや真珠を出品し,審査官の動物学者箕作佳吉に出会い,真珠養殖を決意した。鳥羽湾と英虞湾で事業を始めて辛苦を重ねる一方,当局の命令でシンジュガイ,カキ,エビの他県への移殖などにも活躍した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みきもとこうきち【御木本幸吉】

1858~1954) 実業家。伊勢生まれ。1896年(明治29)三重県多徳島に真珠の養殖場を開設、1905年世界初の真円真珠の養殖に成功。真珠王と称される。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

御木本幸吉
みきもとこうきち
(1858―1954)

養殖真珠の創始者。三重県鳥羽(とば)市のうどん屋の長男として生まれる。幼時より商才にたけ、鳥羽沖に停泊したイギリスの測量船に青物を売り込み、外人相手の商売が有利であることに開眼した。1890年(明治23)、真珠貝(アコヤガイ)の乱獲による絶滅を憂えてその養殖を始め、その後真珠そのものの養殖を思い立ち、箕作佳吉(みつくりかきち)の指導を得て1893年に相島(おじま)(現在の真珠島)において半円真珠の養殖に成功した。1905年には天然真珠と異ならない真円真珠の養殖に成功し、世界中に販路を拡張して、「真珠王(パールキング)」とよばれた。96歳で他界するまで「世界中の女性の首を真珠で締める」ことをモットーとし、真珠の生産販売に尽くした。没後勲一等を贈られた。[乙竹 宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の御木本幸吉の言及

【英虞湾】より

…この水道の開通で真珠養殖は急速に発展し大中心地となり,タンポと呼ばれる金網の籠をつるした養殖いかだの点綴(てんてつ)する湾の代表的な風景を生んだ。真珠養殖は1893年湾内の多徳島に御木本幸吉が真珠養殖場を設置したのにはじまり,箕作佳吉,西川藤吉,見瀬辰平などの労苦によってつくりあげられた。アコヤガイは水温8℃以下で死滅するため,冬季には湾内の真珠いかだは冷潮をさけて西方の温暖な五ヶ所湾や南方の海山(みやま)町の引本,尾鷲市九鬼方面へ移動する。…

【真珠】より

…真珠層以外の物質を多量に含む真珠は一般に価値が低い。
【真珠養殖】
 日本では御木本幸吉が1888年ころからアコヤガイにガラス,貝殻などで作った半球形の核を挿入して養殖試験を行い,5年後にようやく5個の半円真珠を得た。その後,1907年に三重県の見瀬辰平は真円真珠の誕生を告げる特許を得た。…

【真珠島】より

…かつては相(おう)島といわれた。1893年御木本幸吉がここで真珠養殖に成功した。鳥羽市が伊勢志摩国立公園の中心として発達するにつれ,彼は最大の観光資源であった養殖真珠に関する資料を収集し,施設を整備してこの島を観光島に改造した。…

【鳥羽[市]】より

…JR参宮線,近鉄鳥羽線・志摩線が通じるほか,伊良湖(いらご)岬,蒲郡(がまごおり),名古屋へはフェリーや水中翼船が就航し,また伊勢市と結ぶ伊勢志摩スカイラインや,志摩半島を南下するパールロードの起・終点ともなっている。また御木本幸吉誕生の地で,パールアイランドには養殖真珠のモデル工場,真珠博物館,海女実演場がある。【成田 孝三】。…

※「御木本幸吉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

御木本幸吉の関連キーワード先志摩志摩キュート海面養殖業三重県志摩市阿児町国府桑原乙吉高島末五郎西川藤吉見瀬辰平真珠養殖

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

御木本幸吉の関連情報