御粗末(読み)おそまつ

精選版 日本国語大辞典「御粗末」の解説

お‐そまつ【御粗末】

〘形動〙 (「お」は接頭語) 上等でないことをひやかし、または謙遜、自嘲などの気持でいう語。
※人情本・清談若緑(19C中)初「是は是は慈母(おふくろ)さん。奥のお客で大きにお麁抹(ソマツ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「御粗末」の解説

お‐そまつ【御粗末】

[形動]下等・低級であるとして、ひやかし、また謙遜・自嘲などの気持ちをこめていう語。「値段の割にはお粗末な料理」「我ながらお粗末な話だ」
[類語]劣悪劣等粗末粗悪低劣不出来貧弱不良出来損ないちゃち役立たず粗雑粗略粗野ぞんざいいけぞんざい杜撰ずさん雑駁ざっぱく粗笨そほん

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android