コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粗末/麁末 ソマツ

デジタル大辞泉の解説

そ‐まつ【粗末/×麁末】

[名・形動]
作り方などが、大ざっぱなこと。品質などが上等でないこと。また、そのさま。「―な家」「―な食事」→御粗末(おそまつ)
いいかげんに扱うこと。ないがしろにすること。また、そのさま。「食べ物を―にするな」「―な扱いを受ける」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そまつ【粗末】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
作りが雑なこと。品質が劣っていること。また、そのさま。 「 -な着物」 「 -な食事」
扱い方がおろそかなこと。大切に扱わないこと。また、そのさま。 「親を-にする」 「金を-にする」
軽はずみなさま。 「 -第一ノ人デゴザル/日葡」 → おそまつ
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

粗末/麁末の関連キーワード薦張り芝居苦味チンキ馬子に縕袍粗衣粗食大和風炉一汁一菜煎餅布団冷飯草履三文判帽子兜餓鬼骨不馳走捨三宝数打ち鼠半紙番具足粗服悪衣粗景草屋

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android