杜撰(読み)ズサン

デジタル大辞泉の解説

ず‐さん〔ヅ‐〕【××撰】

[名・形動]《「杜」は宋の杜黙(ともく)のこと、「撰」は詩文を作ること。杜黙の詩が定形詩の規則にほとんど合っていなかったという「野客叢書」の故事から。「ずざん」とも》
詩や文章に、典拠の確かでないことを書くこと。また、その詩文。
物事がいいかげんで、誤りが多いこと。また、そのさま。「杜撰な管理」「杜撰な計画」
[派生]ずさんさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ずさん【杜撰】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔古くは「ずざん」とも。宋の杜黙ともくの詩が多く律に合わなかったという「野鶴叢書」に載る故事による〕
著作物で、典拠が正確でないこと。誤りが多い著作。
手をぬいたところが多く、いいかげんなさま。 「 -な工事」 「 -な計画」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ず‐さん ヅ‥【杜撰】

〘名〙 (古く「ずざん」とも)
① 詩文などで、典拠の正確でないことを述べること。あやまりの多い著作。
※元和本下学集(1617)序「至彼之雌霓〈略〉弄麞〈略〉林四郎之杜撰(ヅザン)亦無質而改一レ之」
※国歌八論(1742)古学「後人偽作する所の書も、定家卿の名を冒して撰甚しきものあり」 〔野客叢書‐巻二〇・杜撰〕
② (形動) あやまり多く、いいかげんなこと。ぞんざいで手ぬかりが多いこと。また、そのさま。でたらめ。粗漏(そろう)
※正法眼蔵(1231‐53)仏道「いまの杜の長老等、みだりに宗の称をもはらする」
※さい果て(1964‐71)〈津村節子〉一「神経質でありながら、案外ずさんなところのある彼は」
③ (━する) うっかりまちがえること。
※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉二編「昧者(まいしゃ)之を杜撰(ヅサン)して麒麟(きりん)と云」
[語誌](1)ズ(ヅ)は「杜」の呉音、サンは通常センと訓む「撰」の別の音。中国の宋代に話題となったことばで、日本には禅を通じて入ったようである。
(2)「撰」は詩歌や文章を著作し編集する意であるが、「杜」については説が分かれている。宋代の詩人杜黙の作る詩が音律に合わないことが多いところから「杜撰」の語ができたとする語源説〔野客叢書〕によれば、「杜」は杜黙を指していることになる。この他、道家の書五千巻を撰した杜光庭を指す説もあり、「杜」を人名と見る説が多い。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

杜撰の関連情報