粗笨(読み)ソホン

デジタル大辞泉 「粗笨」の意味・読み・例文・類語

そ‐ほん【粗×笨/××笨】

[名・形動]大まかでぞんざいなこと。細かいところまで行き届いていないこと。また、そのさま。粗雑。
「―な愛し方ではあっても、嘘のない情合を傾けていた」〈野上迷路
[類語]乱暴粗末粗略乱暴荒い粗い荒っぽい手荒い手荒力尽く力任せ強引無茶粗雑ぞんざいいけぞんざいラフ荒荒しいがさつ粗野粗削り生硬粗放雑駁大ざっぱ大掴み大まか丼勘定劣悪劣等お粗末粗悪低劣不出来貧弱不良出来損ないちゃち役立たず杜撰ずさん粗粗あらあら粗らかざっとおよそおおよそおおむねあらかたあらまし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「粗笨」の意味・読み・例文・類語

そ‐ほん【粗笨・麁笨】

  1. 〘 名詞 〙 ( 形動 ) あらく、雑なこと。また、そのさま。粗雑。粗大。粗放。
    1. [初出の実例]「田士河、柚仲素、俊邁の気、警敏の才、これを以て詩をなして、粗笨(ソホン)に渉らず」(出典随筆・孔雀楼筆記(1768)三)
    2. 「又乾石炭(コークス)を以て、木炭に代て、煉ることもあれども、是は其質中に、硫黄、硅石等の雑質を含みたるを以て、鋼質分も麁笨なるを免れず」(出典:米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉二)
    3. [その他の文献]〔宋書‐王微伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「粗笨」の読み・字形・画数・意味

【粗笨】そほん

あらい。

字通「粗」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android