コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粗笨/麁笨 ソホン

デジタル大辞泉の解説

そ‐ほん【粗×笨/××笨】

[名・形動]大まかでぞんざいなこと。細かいところまで行き届いていないこと。また、そのさま。粗雑。
「―な愛し方ではあっても、嘘のない情合を傾けていた」〈野上・迷路〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そほん【粗笨】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
粗っぽくてぞんざいな・こと(さま)。 「 -な計画」 「翁の言は…論理極めて-、屢々矛楯撞着して/復活 魯庵
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

粗笨/麁笨の関連キーワードフィッツジェラルド名物裂安南焼情合魯庵間道

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android