コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御萩 オハギ

デジタル大辞泉の解説

お‐はぎ【×萩】

《萩の餅(もち)をいう女房詞から》もち米、またはもち米とうるち米とをまぜて炊き、軽くついて丸め、小豆餡・きな粉・すりごまなどをまぶしたもの。彼岸に作る。ぼたもち。はぎのはな。
醜い女の意の「ぼたもち」のもじり。
「待女郎―で嫁に花が咲き」〈柳多留・五三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

おはぎ【御萩】

和菓子の一種。うるち米ともち米を混ぜて炊くか蒸すかし、軽く搗(つ)いて丸め、あずきあん・きな粉・ごまなどをまぶしたもの。あんを中に包み、外側にきな粉やごまをまぶすこともある。◇「萩(はぎ)の餅(もち)」「ぼた餅」ともいう。彼岸に作るものとされ、牡丹(ぼたん)の咲く春に作るものを「ぼた餅」、萩の咲く秋に作るものを「おはぎ」とする説もある。また、牡丹や萩の花に似ているのでこれらの名があるともいわれる。そのほか、「北窓」「となり知らず」などの異称もある。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

おはぎ【御萩】

〔もと近世女性語〕
「萩の餅」のこと。うるちともち米をまぜて炊き、軽く搗いて小さくまるめ、外側にあん・きなこなどをつけたもの。ぼたもち。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

御萩の関連キーワードぼた餅牡丹餅きなこ牡丹

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

御萩の関連情報