コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御霊前 ゴレイゼン

4件 の用語解説(御霊前の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ご‐れいぜん【御霊前】

死んだ人を敬って、その霊前を言う語。みたまの前。「御霊前に御報告致します」
霊前に供える供物(くもつ)や香典の上書きに書く語。→御仏前

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

献辞辞典の解説

御霊前

故人の御霊に捧げ供えるとの意味合いがあり、仏教・神道・キリスト教に共通使用出来る通夜・葬儀告別式の際に喪家に対して贈る弔慰金の表書きの献辞 (上書き)に用いられます。生前お世話になった故人への供養にあわせて、遺族の葬儀や法要に掛かる費用の一部を負担しあうとの相互扶助の意味合いもあります。※キリスト教の場合は故人は御霊(魂)となって召天するとの考えから、法要(命日祭・召天記 念式)においても用いられますが、仏教では忌明けをもって故人は成仏するとの考えから、忌明け法要後には御霊前は用いられません。但し、仏教の浄土真宗(本願寺派・大谷派など)では、死者は逝去後即ちに仏様になるとの考えから、御霊という観念がないことにより用いません。

出典|(株)ササガワ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葬儀辞典の解説

御霊前

位牌の前に供える金品に記す語。四十九日まで用います。それ以降は「御仏前」と記します。

出典|葬儀ベストネット
Copyright Interlink. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、内容は地域・宗派によって異なる場合があります。

大辞林 第三版の解説

ごれいぜん【御霊前】

死者を敬って霊前を丁寧にいう語。
霊前に供える金品に書き記す語。 〔一般には四十九日まで用いる語とされる〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御霊前の関連キーワード天后御布施献香供え茶巾天空意味合御霊の飯友に捧げる哀歌供花・供物

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

御霊前の関連情報