コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉串料 たまぐしりょう

知恵蔵miniの解説

玉串料

神社に祈祷を依頼する際、玉串の代わりに納める金銭。のし袋に入れる場合は表書き献辞に用いられる。玉串とは、榊(さかき)などの常緑樹の枝に紙垂(しで)をつけたもので、結婚式や法要といった神道儀式で参拝者や神職によって神前に捧げられる。

(2013-8-16)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

たまぐし‐りょう〔‐レウ〕【玉串料】

神道で、儀式のときに神前にささげる供物金品

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たまぐしりょう【玉串料】

神道の儀式で、神前にささげる供物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

玉串料の関連キーワード玉串料と真榊(まさかき)政教分離訴訟信教の自由初穂料香典

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉串料の関連情報