コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳州 とくしゅう

百科事典マイペディアの解説

徳州【とくしゅう】

中国,山東省北西部の都市。旧名徳県。大運河埠頭(ふとう)があり,京滬(けいこ)(北京〜上海)・徳石(徳州〜石家荘)2鉄路の交会点で,古来,交通・軍事の要衝となってきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とくしゅう【徳州 Dé zhōu】

中国,山東省北西端,河北省に隣接する市。人口47万(1994)。華北平原の中央,黄河下流のはんらん原上にあり,山東,河北を圧する要衝であった。元代には大運河が山東より北京に延びる沿線にあたり,交通上の要衝ともなった。現在も京滬(けいこ)鉄道(北京~上海)が通り,ここより石家荘への支線(徳石線)が派出する。黄河下流はしばしば大規模な流路の変更をくりかえし,そのたびに集落や政治中心も移動した。徳州の前身は漢の平原県(現在の平原県付近)に置かれた平原郡で,隋に徳州と改められ治所も安徳県(今の陵県付近)に移された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徳州
とくしゅう / トーチョウ

中国、山東(さんとう)省北西端、河北(かほく)省との省境にある地級市。2市轄区、7県を管轄し、2県級市の管轄代行を行う(2016年時点)。人口583万2000(2014)。市域はラッカセイ、小麦、コウリャンの栽培をはじめ、黄河(こうが)流域ワタ作区として綿花の栽培が盛んである。搾油、紡績のほか工作機械製造などの近代工業が発達する。華北平原の中央部、大運河の沿岸にあるため、古来、江南方面からの物資の集散センターとして発展し、明(みん)代には徳州倉も設けられた。京滬(けいこ)線、石徳線(石家荘(せきかそう)―徳州)が交わるほか、高速鉄道の石済旅客専用線(石家荘―済南(さいなん))、徳竜煙線(徳州―竜口(りゅうこう)―煙台(えんだい))も市内を通る鉄道の要衝である。名物料理の「徳州(パーチー)」は全国的に知名度が高く、ブランドになっている。[駒井正一・編集部]

世界遺産の登録

2014年、ユネスコ(国連教育科学文化機関)により「中国大運河」の構成資産として、徳州運河が世界遺産の文化遺産に登録された(世界文化遺産)。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

徳州の関連キーワードトーチョウ(徳州)市ソイトー(綏徳)県済南(さいなん)山東(省)トーチョウ図南の翼宋赤絵鄒守益平原君平原省衛河衡水宣化

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

徳州の関連情報