コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳州 とくしゅう

3件 の用語解説(徳州の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

徳州【とくしゅう】

中国,山東省北西部の都市。旧名徳県。大運河の埠頭(ふとう)があり,京滬(けいこ)(北京〜上海)・徳石(徳州〜石家荘)2鉄路の交会点で,古来,交通・軍事の要衝となってきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

とくしゅう【徳州 Dé zhōu】

中国,山東省北西端,河北省に隣接する市。人口47万(1994)。華北平原の中央,黄河下流のはんらん原上にあり,山東,河北を圧する要衝であった。元代には大運河が山東より北京に延びる沿線にあたり,交通上の要衝ともなった。現在も京滬(けいこ)鉄道(北京~上海)が通り,ここより石家荘への支線(徳石線)が派出する。黄河下流はしばしば大規模な流路の変更をくりかえし,そのたびに集落や政治中心も移動した。徳州の前身は漢の平原県(現在の平原県付近)に置かれた平原郡で,隋に徳州と改められ治所も安徳県(今の陵県付近)に移された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徳州
とくしゅう / トーチョウ

中国、山東省北西端、河北省との省境にある市。徳州地区級市の中心地で、徳州地区級市は8県を管轄し、2市の管轄代行を行う。総人口535万7316、市轄区人口53万2097(2000)。市域はラッカセイ、小麦、コウリャンの栽培をはじめ、黄河流域ワタ作区としてワタ作が盛んである。搾油、紡績のほか工作機械の近代工業が発達する。華北平原の中央部、大運河の沿岸にあるため、古来、江南方面からの物資の集散センターとして発展、明(みん)代には徳州倉も設けられた。市内では京滬(けいこ)・徳石両鉄道が交わる。[駒井正一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

徳州の関連キーワード河北省恒山直隷嘉峪関山戎山東菜承徳張家口唐山山東還付問題

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

徳州の関連情報