コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳舜瞥山 とくしゅんべつやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳舜瞥山
とくしゅんべつやま

北海道南西部,伊達市の飛び地,大滝にある火山。標高 1309m。徳舜瞥はアイヌ語トクシシウンペツ(アメマスのいる川の意)に由来。新第三紀に噴出した旧火山のホロホロ山(1322m)の西方に位置し,その山の安山岩質の溶岩流が固まったあとに,雨水によって浸食されたもの。北西方の山麓に 1971年まで徳舜瞥鉱山があった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徳舜瞥山
とくしゅんべつざん

北海道南西部、胆振(いぶり)総合振興局管内にある山で、壮瞥(そうべつ)町によって二分される伊達(だて)市の北東部に位置する。標高1302メートル。隣接するホロホロ山、オロフレ山などとともに第三紀の火山活動でできた古い火山体である。中腹にはかつて徳舜瞥鉱山があり褐鉄鉱を産出し、室蘭(むろらん)製鉄所へ送られたが、閉山した。山をめぐる長流(おさる)川に沿う北湯沢温泉や蟠渓(ばんけい)温泉は支笏洞爺(しこつとうや)国立公園内の静養地の一つで、登山、スキーの基地になっている。なお一帯は南のブナ、北のトドマツの森林境界地域になっている。[奈良部理]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

徳舜瞥山の関連キーワード大滝(北海道)北湯沢温泉トドマツ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android