コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心馳せ ココロバセ

2件 の用語解説(心馳せの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こころ‐ばせ【心×馳せ】

平素からの心の働き。気だて。性質。心ばえ。
「常(いつ)も楽しそうに見えるばかりか、―も至て正しいので」〈独歩・少年の悲哀〉
心配り。
「この娘、すぐれたる形ならねど、なつかしう貴(あて)はかに―あるさまなどぞげにやむごとなき人に劣るまじける」〈・須磨〉
深い考え。思慮分別。
「―ある人だにも、物につまづき倒るることは常のことなり」〈宇治拾遺・一三〉
日ごろの心がけ。心構え。
「何の―ありげもなく、さうどき、誇りたりしよ」〈・夕顔〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こころばせ【心馳せ】

心を向け、気を配ること。思慮があり、注意深いこと。心配り。心づかい。
情趣を解する心。 → 心ばせ有り
思慮分別のある心。 → 心ばせ有り
その事物や行為にこめられている意味合い。 「大嘗おおなめに従ふ小忌おみの人たちも、昔の髻華うずの-、木の花の木を冠かうむりの巾子こじに添へ立て/謡曲・梅」
気立て。性質。 「 -も雄々しくて/こがね丸 小波
[句項目]

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

心馳せの関連キーワード意地機感気立て心様心立て心延え情性素願知情意群肝の

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone