コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

心馳せ ココロバセ

デジタル大辞泉の解説

こころ‐ばせ【心×馳せ】

平素からの心の働き。気だて。性質。心ばえ。
「常(いつ)も楽しそうに見えるばかりか、―も至て正しいので」〈独歩・少年の悲哀〉
心配り。
「この娘、すぐれたる形ならねど、なつかしう貴(あて)はかに―あるさまなどぞげにやむごとなき人に劣るまじける」〈・須磨〉
深い考え。思慮分別。
「―ある人だにも、物につまづき倒るることは常のことなり」〈宇治拾遺・一三〉
日ごろの心がけ。心構え。
「何の―ありげもなく、さうどき、誇りたりしよ」〈夕顔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こころばせ【心馳せ】

心を向け、気を配ること。思慮があり、注意深いこと。心配り。心づかい。
情趣を解する心。 → 心ばせ有り
思慮分別のある心。 → 心ばせ有り
その事物や行為にこめられている意味合い。 「大嘗おおなめに従ふ小忌おみの人たちも、昔の髻華うずの-、木の花の木を冠かうむりの巾子こじに添へ立て/謡曲・梅」
気立て。性質。 「 -も雄々しくて/こがね丸 小波
[句項目] 心馳せ有り

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android