コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志田順 シダトシ

5件 の用語解説(志田順の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しだ‐とし【志田順】

[1876~1936]地球物理学者。千葉の生まれ。京大教授。潮汐による地殻の弾性研究・地震学などに業績を残した。昭和3年(1928)阿蘇火山観測所を開設。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志田順 しだ-とし

1876-1936 明治-昭和時代前期の地球物理学者。
明治9年5月28日生まれ。一高教授などをへて,京都帝大教授。大正13年別府に同大地球物理研究所,昭和3年阿蘇(あそ)火山観測所を開設。地震波の初動分布の規則性の発見や深発地震の研究など,地震学の基礎をきずいた。4年学士院恩賜賞。昭和11年7月19日死去。61歳。千葉県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

しだとし【志田順】

1876‐1936(明治9‐昭和11)
地震学者。千葉県に生まれる。1901年東京帝国大学理科大学物理学科卒,大学院へ進む。広島高等師範学校教授,第一高等学校教授を経て,09年京都帝国大学へ赴任。同大学における地球物理学研究の開拓者となった。震災予防調査会上賀茂観測所をひきつぎ,地球潮汐の観測を行い,また地震学の研究にも努力した。地震波のP波の初動分布の規則性に早くから気づいていたが十分な資料がなかなか得られず,ようやく17年になって日本数学物理学会年会に発表した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しだとし【志田順】

1876~1936) 地球物理学者。千葉県生まれ。京大教授。地震波の P 波の初動分布の規則性、深発地震の存在を指摘。阿蘇火山観測所を開設。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

志田順
しだとし
(1876―1936)

地球物理学者。千葉県出身。1901年(明治34)東京帝国大学理科大学物理学科卒業。広島高等師範学校教授、第一高等学校教授を経て、1909年創立まもない京都帝国大学理工学部助教授となり、付設の上賀茂(かみがも)地震観測所で地球潮汐(ちょうせき)および地震の研究を行った。地震波の初動分布の規則性に早くから気づいていたが、ようやく1917年(大正6)に発表された。翌1918年教授。また深発地震の存在にも早くから注目していたが、1926年になって発表された。1924年別府に地球物理学研究所を開き、1928年(昭和3)には阿蘇(あそ)火山観測所を開設するなど、火山研究のうえでも開拓的な業績がある。1929年「地球及び地殻の剛性ならびに地震動に関する研究」で学士院恩賜賞受賞。[藤井陽一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

志田順の関連キーワード今村明恒ウィーヒェルト日本地震学会浅田敏石橋克彦高橋竜太郎(2)萩原尊礼本多弘吉武者金吉爆破地震学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone