コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志田順 シダトシ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志田順 しだ-とし

1876-1936 明治-昭和時代前期の地球物理学者。
明治9年5月28日生まれ。一高教授などをへて,京都帝大教授。大正13年別府に同大地球物理研究所,昭和3年阿蘇(あそ)火山観測所を開設。地震波初動分布の規則性の発見や深発地震の研究など,地震学の基礎をきずいた。4年学士院恩賜賞。昭和11年7月19日死去。61歳。千葉県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しだとし【志田順】

1876‐1936(明治9‐昭和11)
地震学者。千葉県に生まれる。1901年東京帝国大学理科大学物理学科卒,大学院へ進む。広島高等師範学校教授,第一高等学校教授を経て,09年京都帝国大学へ赴任。同大学における地球物理学研究の開拓者となった。震災予防調査会の上賀茂観測所をひきつぎ,地球潮汐の観測を行い,また地震学の研究にも努力した。地震波のP波の初動分布の規則性に早くから気づいていたが十分な資料がなかなか得られず,ようやく17年になって日本数学物理学会年会に発表した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しだとし【志田順】

1876~1936) 地球物理学者。千葉県生まれ。京大教授。地震波の P 波の初動分布の規則性、深発地震の存在を指摘。阿蘇火山観測所を開設。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

志田順
しだとし
(1876―1936)

地球物理学者。千葉県出身。1901年(明治34)東京帝国大学理科大学物理学科卒業。広島高等師範学校教授、第一高等学校教授を経て、1909年創立まもない京都帝国大学理工学部助教授となり、付設の上賀茂(かみがも)地震観測所で地球潮汐(ちょうせき)および地震の研究を行った。地震波の初動分布の規則性に早くから気づいていたが、ようやく1917年(大正6)に発表された。翌1918年教授。また深発地震の存在にも早くから注目していたが、1926年になって発表された。1924年別府に地球物理学研究所を開き、1928年(昭和3)には阿蘇(あそ)火山観測所を開設するなど、火山研究のうえでも開拓的な業績がある。1929年「地球及び地殻の剛性ならびに地震動に関する研究」で学士院恩賜賞受賞。[藤井陽一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

志田順の関連キーワード恩賜賞受賞者滑川 忠夫

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android