コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急性出血性結膜炎(アポロ病) きゅうせいしゅっけつせいけつまくえんあぽろびょうAcute Hemorrhagic Conjunctivitis

1件 の用語解説(急性出血性結膜炎(アポロ病)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

きゅうせいしゅっけつせいけつまくえんあぽろびょう【急性出血性結膜炎(アポロ病) Acute Hemorrhagic Conjunctivitis】

[どんな病気か]
 エンテロウイルスの感染による急性結膜炎です。感染から1日前後の潜伏期を経て発病します。
 結膜の充血、めやに(眼脂(がんし))、流涙(りゅうるい)をおこしますが、とくに結膜下出血をともなうことが特徴です。
 角膜(かくまく)(黒目(くろめ))に点状表層角膜炎(てんじょうひょうそうかくまくえん)という細かい傷ができて、眼痛をおこすこともあります。
 ほぼ1週間で自然に治ります。治療と予防は流行性角結膜炎(「流行性角結膜炎」)と同じです。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone