コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

怪しからず ケシカラズ

デジタル大辞泉の解説

けしから◦ず【怪しからず】

[連語]《形容詞「け(怪)し」の未然形+打消しの助動詞「ず」》
特に何ということもない。たいしたことがない。
「世の中のかくはかなければ、―◦ぬ童(わらはべ)の行く先思ひやられて」〈宇津保春日詣
はなはだ不都合である。あるまじきことだ。
「何か―◦ず侍らむ。道理なき事にも侍らばこそあらめ」〈落窪・三〉
常識を外れている。普通ではない。
「―◦ぬ泰親が今の泣きやうや」〈平家・三〉
異様である。あやしげだ。
「木霊(こたま)など云ふ、―◦ぬかたちもあらはるるものなり」〈徒然・二三五〉
並大抵でない。はなはだしい。
「―◦ぬお寒さでございます」〈滑・浮世風呂・二〉
[補説]形容詞「けし」ですでに、普通でない、よくないの意味があり、それを「ず」で否定した形が、かえってもとの意味を強めることになったもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けしからず【怪しからず】

( 連語 )
〔形容詞「けし」の補助活用「けしかり」の未然形「けしから」に打ち消しの助動詞「ず」の付いたもの〕
普通ではない。 「かく-・ぬ心ばへは使ふものか/源氏 帚木
不都合だ。 「 - ・ぬ所に通ひいきて、悲しきことを見ること/宇津保 忠こそ
はなはだしい。 「 - ・ず物騒に候は、何事にて候ぞ/謡曲・隅田川」
たいしたこともない。 「世の中のかくはかなければこそ-・ぬ童部の行先思ひやられて/宇津保 春日詣
格別である。 「一夜-・ず摂して候ひしよ/謡曲・鵜飼」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

怪しからずの関連キーワード行く先助動詞木霊連語謡曲

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android