悲しみよこんにちは(読み)かなしみよこんにちは(英語表記)Bonjour tristesse

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

悲しみよこんにちは
かなしみよこんにちは
Bonjour tristesse

フランスの女流作家フランソアーズ・サガンの長編処女小説。1954年刊。同年文学批評賞受賞。
 17歳の少女セシルには若くてハンサムなやもめの父がいる。父娘はある夏、南フランスの海辺に美しい別荘を借りて、父の愛人のバーの女の子と3人で夏休みを送る。そこへ、亡き母の友達の、聡明(そうめい)で洗練された女性が現れ、父はひかれる。ある晩カンヌで2人の心は結ばれ、結婚することを取り決める。少女は未来の母に対して複雑な感情を抱くようになり、策略を巡らして、自分の恋人の青年と父の愛人だった女の子を使って、父の結婚の妨害をする。ニュアンスのある簡潔な文章、繊細な心理描写、青春のもつある残酷さ、シニスム、淡い虚無感が作品の魅力になっている。[朝吹登水子]
『朝吹登水子訳『悲しみよこんにちは』(新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

かなしみよこんにちは【悲しみよこんにちは】

《原題、〈フランス〉Bonjour tristesseサガンの処女長編小説。1954年刊。著者が18歳のときの作品で、南仏を舞台に10代の少女のひと夏の経験を描いてベストセラーとなる。同年、批評家賞受賞。1958年に映画化、主人公の髪型がセシールカットとして流行した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

悲しみよこんにちはの関連情報