愚神礼賛(読み)ぐしんらいさん(英語表記)Encomium Moriae

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オランダの人文学者エラスムスの風刺文。1511年刊。「痴愚神礼讃」の訳名もある。親友トマス・モアのラテン名モルスからモリア(痴愚の女神)を連想してこの題名がつけられた。このモリアが、この世にどれほど痴愚が満ちあふれているかを数え上げ、自分の力を誇るという体裁で書かれている。人間の誕生の原因は結婚にあるが、人が結婚する気になるのは愚神の侍女である「乱心」のおかげなのだといった調子である。哲学者・神学者のくだらぬ論議、君主や家臣の功名心、教皇はじめ聖職者たちの偽善、最大の愚行としての戦争などが、いずれも愚神の勝利として語られる。このように愚神礼賛の合間に、教会の腐敗に対する皮肉たっぷりな嘲罵(ちょうば)が語られていることで、この書は有名である。

[伊藤勝彦]

『渡辺一夫訳『痴愚神礼讃』(岩波文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版の解説

オランダの人文主義者エラスムスの著書。『痴愚神礼賛』ともいう
トマス=モア宅滞在中の1509年執筆した。教会の形式化と僧侶腐敗を風刺し,痴愚神が道徳者・説教者をののしり,皮肉る形をとっているため,教会からしばしば発禁処分をうけた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android