痴愚神礼賛(読み)ちぐしんらいさん(英語表記)Encomium moriae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

痴愚神礼賛
ちぐしんらいさん
Encomium moriae

ルネサンス最大のユマニストエラスムスラテン語による風刺作品。 1511年刊。 09年の滞英中,T.モアの家で書かれたもので,出版後ただちに大成功を収め,16世紀中に 58版を重ね,各国語に訳された。痴愚女神が語り手となって,みずからを礼賛するという反語的方法を用い,人間性の本質にある狂気と当時の神学者や聖職者らの愚劣さ,腐敗をあばき,横溢する批評精神によって宗教改革運動に多大の影響を与えた。ローマ教会の禁忌に触れ,57年禁書処分を受けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android