コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

痴愚神礼賛 ちぐしんらいさんEncomium moriae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

痴愚神礼賛
ちぐしんらいさん
Encomium moriae

ルネサンス最大のユマニストエラスムスラテン語による風刺作品。 1511年刊。 09年の滞英中,T.モアの家で書かれたもので,出版後ただちに大成功を収め,16世紀中に 58版を重ね,各国語に訳された。痴愚女神が語り手となって,みずからを礼賛するという反語的方法を用い,人間性の本質にある狂気と当時の神学者や聖職者らの愚劣さ,腐敗をあばき,横溢する批評精神によって宗教改革運動に多大の影響を与えた。ローマ教会の禁忌に触れ,57年禁書処分を受けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

痴愚神礼賛
ちぐしんらいさん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

痴愚神礼賛の関連キーワード愚者文学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android