コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慎思録 しんしろく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

慎思録
しんしろく

江戸時代初期の儒者貝原益軒。6巻。正徳4 (1714) 年成立。『自娯集』『大疑録』とともに3部作をなす。彼の道徳論はこれにより知れる。朱子学への疑念の提示は,いまだ全面的な形はとっていない。それは『大疑録』においてうかがわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

慎思録【しんしろく】

貝原益軒の著。6巻。漢文で書かれている。1714年刊行。《大疑録(たいぎろく)》とともに最晩年の著。知行両立を説き,存養省察を主張するなど,経義・哲学・道徳・教育に関する見識朱子学の立場から述べている。しかし,のちに《大疑録》で表明される古学派的立場もほのみえている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんしろく【慎思録】

江戸時代の儒者貝原益軒が学問上の随想,論評を最晩年に編集した書。6巻。1714年(正徳4)の自序がある。書名は《中庸》の〈審問慎思〉また朱子の〈慎思明弁〉に由来する。朱子・陽明兼学から出発し36歳で朱子学一途に進む決意をした益軒は,なお朱子学の観念性,本体と現象とを峻別する態度にあきたらなかった。本書は朱子哲学の基本問題に関する自己の見解を述べたものだが,後に《大疑録》で表明される古学派的傾向(理気合一論,気一元論)もほの見えている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんしろく【慎思録】

随筆。六巻。貝原益軒著。1714年成立。朱子学の基本問題について見解が述べられ、益軒の道徳論が展開されている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

慎思録の関連キーワード随筆

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android