コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慎思録 しんしろく

4件 の用語解説(慎思録の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

慎思録
しんしろく

江戸時代初期の儒者貝原益軒の著。6巻。正徳4 (1714) 年成立。『自娯集』『大疑録』とともに3部作をなす。彼の道徳論はこれにより知れる。朱子学への疑念の提示は,いまだ全面的な形はとっていない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

慎思録【しんしろく】

貝原益軒の著。6巻。漢文で書かれている。1714年刊行。《大疑録(たいぎろく)》とともに最晩年の著。知行両立を説き,存養省察を主張するなど,経義・哲学・道徳・教育に関する見識を朱子学の立場から述べている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんしろく【慎思録】

江戸時代の儒者貝原益軒が学問上の随想,論評を最晩年に編集した書。6巻。1714年(正徳4)の自序がある。書名は《中庸》の〈審問慎思〉また朱子の〈慎思明弁〉に由来する。朱子・陽明兼学から出発し36歳で朱子学一途に進む決意をした益軒は,なお朱子学の観念性,本体と現象とを峻別する態度にあきたらなかった。本書は朱子哲学の基本問題に関する自己の見解を述べたものだが,後に《大疑録》で表明される古学派的傾向(理気合一論,気一元論)もほの見えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone