コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慧海(2) えかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慧海(2) えかい

1783-1836 江戸時代後期の僧。
天明3年生まれ。江戸の浄土真宗本願寺派西教寺住職。智洞に宗学を,慧澄(えちょう)に天台をまなぶ。大乗仏教釈尊の説いたものではないとする富永仲基服部蘇門に対し,前者には「掴裂(かくれつ)邪網編」,後者には「金剛索」をあらわして反論した。天保(てんぽう)7年1月1日死去。54歳。江戸出身。字(あざな)は潮音

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

慧海(2)の関連キーワード総合年表(アメリカ)キャベンディッシュ天明の飢饉ビュヒナー(Karl Georg Büchner)桂川甫三木室卯雲真如海唐来参和クリム・ハーン国ボリーバル