慧海(2)(読み)えかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慧海(2) えかい

1783-1836 江戸時代後期の僧。
天明3年生まれ。江戸の浄土真宗本願寺派西教寺住職。智洞に宗学を,慧澄(えちょう)に天台をまなぶ。大乗仏教釈尊の説いたものではないとする富永仲基服部蘇門に対し,前者には「掴裂(かくれつ)邪網編」,後者には「金剛索」をあらわして反論した。天保(てんぽう)7年1月1日死去。54歳。江戸出身。字(あざな)は潮音

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android