懐古(読み)かいこ

精選版 日本国語大辞典「懐古」の解説

かい‐こ クヮイ‥【懐古】

〘名〙 昔を思い出して、なつかしく思うこと。懐旧
※俳諧・平安二十歌仙(1769)序「いにしへの人の道に深切なることかばかりに侍ればすずろ古の情にたえず」 〔魏書‐常景伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「懐古」の解説

【懐古】かい(くわい)こ

むかしを思いおこす。潘岳〔西征の山川を眄(かへり)みて、以て古を懷ふ、悵(ちやう)として(たづな)を中塗に攬(と)る。

字通「懐」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android