コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偲ぶ シヌブ

デジタル大辞泉の解説

しぬ・ぶ【×偲ぶ】

[動バ四]
《「しの(偲)ぶ」の音変化。上代は「しぬふ」》「しの(偲)ぶ1」に同じ。
「瓜食(は)めば子ども思ほゆ栗食めばまして―・はゆ」〈・八〇二〉
《江戸時代に万葉仮名の「の」の読みを「ぬ」と誤読してできた語》「しの(偲)ぶ」に同じ。

しの・ぶ【×偲ぶ】

上代は「しのふ」で、ハ行四段活用。平安時代になって、「忍ぶ」(本来は上二段活用)と混同して「しのぶ」となり、上二段にも活用》
[動バ五(四)]
過ぎ去った物事や遠く離れている人・所などを懐かしい気持ちで思い出す。懐しむ。「故郷を―・ぶ」「先師を―・ぶ」
心引かれて、思いをめぐらす。慕わしく思う。「人となりが―・ばれる」「人柄を―・ばせる住まい」
物の美しさに感心し味わう。賞美する。
「秋山の木の葉を見ては黄葉(もみち)をば取りてそ―・ふ」〈・一六〉
[動バ上二]1に同じ。
「なき人を―・ぶる宵のむら雨に」〈・幻〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しぬぶ【偲ぶ】

( 動四 )
〔江戸時代の国学者が「の」の万葉仮名「怒」「努」「弩」などを「ぬ」と誤読したことからできた語〕 「 しのぶ(偲) 」に同じ。 → ぬ(野)
〔「しのぶ」の転。上代は「しぬふ」〕 「 しのぶ(偲) 」に同じ。 「瓜食めば子ども思ほゆ栗食めばまして-・はゆ/万葉集 802

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

偲ぶの関連キーワードハドリアヌス帝のビラ桜川 ぴん助(初代)柳家つばめ(5世)メモリアルグッズチーピー(赤壁)高瀬川一之船入高山彦九郎宅跡カステリャノスライオン記念碑ザオ ウーキー本居宣長旧宅吉野(2代)偲ぶ・慕ぶ平田 晋策野口 元夫醍醐の花見フォチオス信玄公祭り女山神籠石藤井較一

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

偲ぶの関連情報