偲ぶ(読み)シノブ

デジタル大辞泉「偲ぶ」の解説

しの・ぶ【×偲ぶ】

上代は「しのふ」で、ハ行四段活用。平安時代になって、「忍ぶ」(本来は上二段活用)と混同して「しのぶ」となり、上二段にも活用》
[動バ五(四)]
過ぎ去った物事や遠く離れている人・所などを懐かしい気持ちで思い出す。懐しむ。「故郷を―・ぶ」「先師を―・ぶ」
心引かれて、思いをめぐらす。慕わしく思う。「人となりが―・ばれる」「人柄を―・ばせる住まい」
物の美しさに感心し味わう。賞美する。
「秋山の木の葉を見ては黄葉(もみち)をば取りてそ―・ふ」〈・一六〉
[動バ上二]1に同じ。
「なき人を―・ぶる宵のむら雨に」〈・幻〉

しぬ・ぶ【×偲ぶ】

[動バ四]
《「しの(偲)ぶ」の音変化。上代は「しぬふ」》「しの(偲)ぶ1」に同じ。
「瓜食(は)めば子ども思ほゆ栗食めばまして―・はゆ」〈・八〇二〉
《江戸時代に万葉仮名の「の」の読みを「ぬ」と誤読してできた語》「しの(偲)ぶ」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android