偲ぶ(読み)シノブ

デジタル大辞泉「偲ぶ」の解説

しの・ぶ【×偲ぶ】

上代は「しの」で、ハ行四段活用。平安時代になって、「忍ぶ」(本来は上二段活用)と混同して「しのぶ」となり、上二段にも活用》
[動バ五(四)]
過ぎ去った物事や遠く離れている人・所などをかしい気持ちで思い出す。懐しむ。「故郷を―・ぶ」「先師を―・ぶ」
心引かれて、思いをめぐらす。慕わしく思う。「人となりが―・ばれる」「人柄を―・ばせる住まい」
物の美しさに感心し味わう。賞美する。
秋山の木の葉を見ては黄葉もみちをば取りてそ―・ふ」〈・一六〉
[動バ上二]1に同じ。
「なき人を―・ぶるのむら雨に」〈・幻〉
[類語](1追憶懐旧懐古懐かしむ追想回想回顧記憶追懐懐郷望郷顧みる振り返る思い返す/(2恋う慕う思う

しぬ・ぶ【×偲ぶ】

[動バ四]
《「しの(偲)ぶ」の音変化。上代は「しぬふ」》「しの(偲)ぶ1」に同じ。
瓜食めば子ども思ほ栗食めばまして―・はゆ」〈・八〇二〉
江戸時代万葉仮名の「の」の読みを「ぬ」と誤読してできた》「しの(偲)ぶ」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android