コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本多秋五 ほんだしゅうご

6件 の用語解説(本多秋五の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本多秋五
ほんだしゅうご

[生]1908.9.22. 愛知
[没]2001.1.13. 神奈川
評論家。第八高等学校を経て,1932年東京帝国大学国文学科卒業。同年プロレタリア科学研究所に入り,『文芸史研究の方法に就いて』 (1932) ,『森鴎外論』 (34) などで蔵原惟人宮本顕治らに次ぐ理論家と期待された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほんだ‐しゅうご〔‐シウゴ〕【本多秋五】

[1908~2001]文芸評論家。愛知の生まれ。雑誌「近代文学」創刊に参加。創刊号巻頭で「芸術・歴史・人間」を発表。他に「転向文学論」「物語戦後文学史」「古い記憶の井戸」「志賀直哉」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

本多秋五【ほんだしゅうご】

評論家。愛知県生れ。東大国文科卒。戦前《森鴎外論》《村山知義論》などを平野謙らの同人誌《批評》などに発表,その後,トルストイに取り組んで《〈戦争と平和〉論》を書く(1947年刊行)。
→関連項目藤枝静男山室静

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本多秋五 ほんだ-しゅうご

1908-2001 昭和-平成時代の文芸評論家。
明治41年9月22日生まれ。プロレタリア文学運動に参加し検挙されたのち,「「戦争と平和」論」の執筆に没頭。昭和21年「近代文学」創刊にくわわり,「芸術・歴史・人間」を発表。以後「「白樺派」の文学」「転向文学論」などで重厚な評論を展開する。44年明大教授。40年「物語戦後文学史」で毎日出版文化賞,58年「古い記憶の井戸」で読売文学賞。平成3年「志賀直哉」で毎日芸術賞。平成13年1月13日死去。92歳。愛知県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

ほんだしゅうご【本多秋五】

1908~2001) 文芸評論家。愛知県生まれ。東大卒。戦時下に「『戦争と平和』論」を執筆、戦後平野謙らと雑誌「近代文学」を創刊する。一貫して近代的自我の問題を追究した。著「転向文学論」「『白樺』派の文学」「物語戦後文学史」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本多秋五
ほんだしゅうご
(1908―2001)

評論家。明治41年9月12日、愛知県猿投(さなげ)村(現豊田(とよた)市)に生まれる。第八高等学校を経て東京帝国大学国文科卒業。八高時代よりの友人に平野謙(けん)、藤枝静男がいる。プロレタリア文学運動の末尾に参加、高瀬太郎などの筆名を用い歴史小説論など重厚な評論を発表。転向後は山室静(やまむろしずか)らの『批評』に「村山知義(ともよし)論」(1937)などを寄稿。第二次世界大戦中はトルストイの『戦争と平和』論に没入。戦後は平野や埴谷雄高(はにやゆたか)らと『近代文学』を創刊。創刊号巻頭の「芸術 歴史 人間」は戦後派文学の根源的主張として著名。『小林秀雄論』(1949)、『転向文学論』(1957)も自己の内面との対決を含んだ力作。宮本百合子(ゆりこ)論への準備として白樺(しらかば)派の研究にさかのぼり、『「白樺」派の研究』(1954)を上梓(じょうし)。三巻本(のち一巻本にまとめる)の『物語戦後文学史』(1960~65)は、戦後文学に賭(か)けた著者の強烈な主張と細やかな作品分析が合致した大作で毎日出版文化賞を受けた。長距離目標に向かって悠然と仕事を進める大人(たいじん)的風格の評論家であった。ほかに『遠望近思』(1970)、読売文学賞受賞の『古い記憶の井戸』(1982)がある。平成13年1月13日死去。[紅野敏郎]
『『現代日本文学大系79 本多秋五他集』(1972・筑摩書房) ▽『増補「戦争と平和」論』(1970・冬樹社) ▽『古い記憶の井戸』(講談社文芸文庫) ▽『本多秋五全集』全16巻・別巻1(1994~99・菁柿堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本多秋五の関連キーワード小笠原賢二上総英郎川村二郎上林吾郎高野斗志美縄田一男野崎六助松本徹森川達也渡辺澄子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

本多秋五の関連情報