コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸沢[村] とざわ

1件 の用語解説(戸沢[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

とざわ【戸沢[村]】

山形県北部,最上郡の村。人口6959(1995)。最上地方の西端,出羽山地中にあって,中央部を最上川が西流する。支流の鮭川,角(つの)川が北と南から合流する付近は水害の常襲地。陸羽西線,国道47号線が通る中心集落の古口(ふるくち)は近世には最上川舟運の要地であった。主産業は農業であるが,耕地が少なく豪雪地帯であるため,若年層の流出や出稼ぎが多く,過疎地域,山村振興地域に指定されている。近年,女子雇用型企業の誘致や山菜加工の地場産業の振興が図られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

戸沢[村]の関連キーワード鮭川庄内白糸の滝酒田長井真室川村山最上川舟唄とざわ最上の夢

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone