コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮭川 さけかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鮭川
さけかわ

山形県の北部を流れる最上川の支流。全長約 48km。上流部は真室川と称する。奥羽山脈の西縁をなす神室 (かむろ) 山地に源を発し,南西流して新庄盆地北辺で出羽山地に発する大沢川を合流,鮭川と改めて鮭川村中央部を南流し,泉田川,升形川を合せ,盆地西部で最上川に注ぐ。下流部は広い氾濫原を形成し,米を多産する。特に合流点付近は本流の水が逆流して,しばしば水害を起していた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さけ‐がわ〔‐がは〕【鮭川】

山形県北部を流れる川。丁(ひのと)岳山地の三滝(さんたき)山(標高986メートル)に源を発し、途中真室(まむろ)川を合わせて最上川に合流する。長さ48キロ。流域面積は最上川支流中最大。上流部を大沢川といい、下流部の沖積地は米作地帯。名の由来はサケが遡上(そじょう)することから。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鮭川の言及

【新庄盆地】より

…東を奥羽山脈に属する神室(かむろ)山地,北を丁岳(ひのとだけ)山地,西は出羽山地に囲まれ,南は猿羽根(さばね)峠で尾花沢盆地と画されている。盆地南部は最上川に,中央部は鮭川とその支流によって盆地床の浸食がすすみ,段丘や丘陵の多い開析盆地となっている。盆地内は低起伏の丘陵によって北部の金山(かねやま)川流域の金山盆地,中央部泉田川扇状地の塩野原や指首野(さすの)川扇状地の広がる狭義の新庄盆地,小国川下流の舟形盆地などに細分される。…

※「鮭川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

鮭川の関連キーワード山形県最上郡鮭川村石名坂山形県最上郡鮭川村京塚山形県最上郡鮭川村佐渡山形県最上郡鮭川村向居山形県最上郡鮭川村庭月山形県最上郡鮭川村川口山形県最上郡鮭川村曲川山形県最上郡鮭川村中渡山形県最上郡鮭川村鮭川村エコパーク最上地区広域連合6署案と5署案山形県最上郡真室川[町]鮭川村の要覧戸沢[村]羽根沢温泉石名坂かぶ鮭川[村]鮭川(村)

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鮭川の関連情報