コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鮭川 さけかわ

2件 の用語解説(鮭川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鮭川
さけかわ

山形県の北部を流れる最上川の支流。全長約 48km。上流部は真室川と称する。奥羽山脈の西縁をなす神室 (かむろ) 山地に源を発し,南西流して新庄盆地北辺で出羽山地に発する大沢川を合流,鮭川と改めて鮭川村中央部を南流し,泉田川,升形川を合せ,盆地西部で最上川に注ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さけ‐かわ〔‐かは〕【鮭川】

山形県北部を流れる川。丁(ひのと)岳山地の三滝(さんだき)山(標高986メートル)に源を発し、途中真室(まむろ)川を合わせて新庄市西端で最上川に合流する。長さ48キロ。流域面積は最上川支流中最大。上流部を大沢川といい、下流部の沖積地は米作地帯。名の由来はサケが遡上することから。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鮭川の言及

【新庄盆地】より

…東を奥羽山脈に属する神室(かむろ)山地,北を丁岳(ひのとだけ)山地,西は出羽山地に囲まれ,南は猿羽根(さばね)峠で尾花沢盆地と画されている。盆地南部は最上川に,中央部は鮭川とその支流によって盆地床の浸食がすすみ,段丘や丘陵の多い開析盆地となっている。盆地内は低起伏の丘陵によって北部の金山(かねやま)川流域の金山盆地,中央部泉田川扇状地の塩野原や指首野(さすの)川扇状地の広がる狭義の新庄盆地,小国川下流の舟形盆地などに細分される。…

※「鮭川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鮭川の関連キーワード磐井川蛇尾川猿ヶ石川玉島川丁岳山地葛下川竹田川留萌川山形県山形市桧町平田〈町〉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鮭川の関連情報