扇面古写経(読み)せんめんこしゃきょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

扇面古写経
せんめんこしゃきょう

扇面法華経冊子(ほけきょうさっし)。平安末期(12世紀後半)につくられた装飾経の一つ。扇形の紙面に下絵を施し、その上に経典を書写し、何面かを重ねて中央で折り粘葉綴(でっちょうとじ)に仕立てたもの。もとは法華経8巻と開(かい)・結(けち)経として『観普賢(かんふげん)経』『無量義経』の2巻を添えた10帖(じょう)からなっていた。現在は大阪・四天王(してんのう)寺に5帖、東京国立博物館に1帖(ともに国宝)、およびその他の諸家に何面かが残っている。扇絵はもと115枚あったと思われるが、現存のものは6帖分59枚を数える。各帖の表紙には普賢十羅刹女(ふげんじゅうらせつにょ)の図が描かれているが、料紙の下絵は経典の内容に関係のない風俗画などが描かれている。これらは木版による墨刷りの下図を施し、あるいは墨流しで意匠した上に、作り絵などの大和(やまと)絵で彩色し、さらに金銀の切箔(きりはく)、野毛(のげ)、砂子(すなご)などを蒔(ま)いて、きわめて技巧的な美しさを誇る。構図や人物の表現も変化に富み、平安後期世俗画の一大集成ともいえる。

[村重 寧]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版の解説

扇面古写経
せんめんこしゃきょう

平安末期,扇面形料紙に大和絵で当時の風俗を描き,その上に経文書した古写経
浄土信仰に伴って貴族社会で作成された。当時の風俗や趣味化した信仰を知る貴重な作品。四天王寺法隆寺などに現存する。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android