コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扇面古写経 せんめんこしゃきょう

2件 の用語解説(扇面古写経の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

扇面古写経【せんめんこしゃきょう】

扇面法華経冊子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

扇面古写経
せんめんこしゃきょう

扇面法華経冊子(ほけきょうさっし)。平安末期(12世紀後半)につくられた装飾経の一つ。扇形の紙面に下絵を施し、その上に経典を書写し、何面かを重ねて中央で折り粘葉綴(でっちょうとじ)に仕立てたもの。もとは法華経8巻と開(かい)・結(けち)経として『観普賢(かんふげん)経』『無量義経』の2巻を添えた10帖(じょう)からなっていた。現在は大阪・四天王(してんのう)寺に5帖、東京国立博物館に1帖(ともに国宝)、およびその他の諸家に何面かが残っている。扇絵はもと115枚あったと思われるが、現存のものは6帖分59枚を数える。各帖の表紙には普賢十羅刹女(ふげんじゅうらせつにょ)の図が描かれているが、料紙の下絵は経典の内容に関係のない風俗画などが描かれている。これらは木版による墨刷りの下図を施し、あるいは墨流しで意匠した上に、作り絵などの大和(やまと)絵で彩色し、さらに金銀の切箔(きりはく)、野毛(のげ)、砂子(すなご)などを蒔(ま)いて、きわめて技巧的な美しさを誇る。構図や人物の表現も変化に富み、平安後期世俗画の一大集成ともいえる。[村重 寧]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone