コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輪鼓/輪子 リュウゴ

3件 の用語解説(輪鼓/輪子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐ご〔リウ‐〕【輪鼓/輪子】

鼓(つづみ)のように、胴の中ほどがくびれた形。
平安時代の散楽の曲芸で、1のような形をしたもののくびれた部分に緒を巻きつけ、回しながら投げ上げたり、受け取ったりするもの。
紡績具で、紡錘(つむ)に取り付け、調べ糸をかけて回転させるもの。
紋所の名。1を図案化したもの。
武具で、1の形をした指物
馬術で、馬を1の形のように歩ませるもの。りゅうごのり。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうご【輪鼓】

中央がくびれて鼓の形をした木製こま。地面で行わず空中であやつって回すところに特色がある。2本の細い竹の先に長い糸を結んだものを両手にもち,こまのくびれた部分を糸にかけ,両手で糸を上下にあやつってこまを回転させながら,空中に投げ上げたり,落下するのをまたすくいとって遊ぶ。中国ではすでに唐時代に流行し,日本では平安時代《和名抄》に〈輪鼓〉が紹介されており,鎌倉時代には大衆化されて子どもの玩具にもなったらしい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

輪鼓
りゅうご

中央がくびれて鼓(つづみ)の形をした木製独楽(こま)。鼓独楽。空中独楽。デアボロdiaboloともいう。2本の細い竹の先に長い糸をつけたものを両手に持ち、独楽のくびれた部分を糸にかけ両手で上下に操って鼓を回しながら空中に投げ上げ、またすくい取ったりして遊ぶ。地面で回す独楽ではなく、空中で操って遊ぶところに特徴がある。中国では古く唐代に流行し、日本には平安時代に渡来し、輪鼓の名で曲芸の一種としてもてあそばれた。その形と遊び方からこの名がついた。鎌倉時代には大衆化されて子供の遊具にもなったが、さらに室町時代以後は、能から離れた放下師(ほうかし)が街頭で演じて業とした。江戸時代には衰退したが、明治後期からデアボロの名で復活して流行した。中国からヨーロッパに伝わり、19世紀から20世紀にかけて流行したものが日本にも渡来したものである。現在でも九州や東北地方の温泉地などに郷土玩具(がんぐ)としてみられる。[斎藤良輔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の輪鼓/輪子の言及

【曲芸】より

…奈良時代に散楽の一部として大陸から伝来した曲芸・軽業的技術が,中世にいたって放下(ほうか)師(僧)によって専門的に演じられる芸となる。その種目は長さ30cm内外,太さ1cmくらいの竹の棒2本を持って打ち合わせたり曲取りをする〈筑子(こきりこ)〉や平安時代から盛んに行われていた曲芸で,鼓の胴の形をして中央のくびれた部分に紐を巻き,回転させたり,空中高く飛ばせて曲取りをしたりする〈輪鼓(りゆうご)〉,田楽芸の高足(たかあし)から転化した〈連飛(れんとび)〉とか〈曲鞠(きよくまり)〉〈品玉(しなだま)〉などがあり〈放下〉はこれらの総称ともなった。近世の見世物,大道芸に受け継がれて種目もふえる。…

【褌脱】より

…雅楽,管絃の曲名。褌脱という名のつく雅楽曲には,《剣気褌脱》《輪鼓褌脱》《曹娘(そうろう)褌脱》《補臨褌脱》の4曲の名が残されているが,現在演奏されるのは初めの2曲。褌脱というのは,舞振りの名称とも散楽の一つとも伝えられる。…

※「輪鼓/輪子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone