コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打(ち)出す ウチダス

1件 の用語解説(打(ち)出すの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うち‐だ・す【打(ち)出す】

[動サ五(四)]

㋐太鼓などを打ちはじめる。「鐘を―・す」
㋑(「撃ち出す」とも書く)鉄砲などを打ちはじめる。また、弾丸などを打って出す。「大砲を―・す」
金属などを裏から打って模様を表に出す。「唐草模様を―・した飾り金具」
芝居・相撲などで、その日の興行が終わった合図に太鼓を打つ。「観客を送る太鼓を―・す」
主張などをはっきり示す。提案する。「具体策を―・す」
コンピューターのデータを紙に印刷する。プリントアウトする。「会議の資料を―・す」
はっきりと口に出す。
「実の女の口よりえ言はぬ事を―・して言ふゆゑ」〈難波土産・発端〉
[可能]うちだせる

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone