コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

打(ち)出す ウチダス

デジタル大辞泉の解説

うち‐だ・す【打(ち)出す】

[動サ五(四)]

㋐太鼓などを打ちはじめる。「鐘を―・す」
㋑(「撃ち出す」とも書く)鉄砲などを打ちはじめる。また、弾丸などを打って出す。「大砲を―・す」
金属などを裏から打って模様を表に出す。「唐草模様を―・した飾り金具」
芝居・相撲などで、その日の興行が終わった合図に太鼓を打つ。「観客を送る太鼓を―・す」
主張などをはっきり示す。提案する。「具体策を―・す」
コンピューターのデータを紙に印刷する。プリントアウトする。「会議の資料を―・す」
はっきりと口に出す。
「実の女の口よりえ言はぬ事を―・して言ふゆゑ」〈難波土産・発端〉
[可能]うちだせる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

打(ち)出すの関連キーワード人種的デタント政策[南アフリカ共和国]全日本金属産業労働組合協議会キリスト教民主党[イタリア]フロンテスピーツィオラオス国家建設戦線プロレタリア文学マン・ドクトリン超高速加速技術チャド解放戦線村山連立内閣フルシチョフ経済戦略会議ペロー現象法華経義記音楽美学ケネディ郷土文学各務鎌吉法則学派ルプッセ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android