コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

払田柵遺跡 ほったのさくいせき

2件 の用語解説(払田柵遺跡の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

払田柵遺跡【ほったのさくいせき】

秋田県仙北町(現・大仙市)にある遺跡。城柵跡(史跡)は奈良時代後期か平安初期に東北地方経営のために設けられたものであるが史料には登場しない。雄勝(おがち)城跡とする説もある。
→関連項目仙北[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ほったのさくいせき【払田柵遺跡】

日本古代の城柵官衙遺跡。秋田県仙北郡仙北町払田および千畑町本堂城回にまたがって存在する。明治末ごろから地元でその存在が知られ,1930年上田三平が発掘調査を実施し,柵木(さくぎ)が検出された。翌年調査された城輪柵(きのわのさく)遺跡とならんで,古代東北の文献上の柵の実態がはじめて具体化されたものとして注目され,近年まで東北の城柵を考えるうえで大きな影響を与えてきた。遺跡名は地名の払田に柵を付したものであり,〈出羽柵〉など文献にみえる柵と同列視はできない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

払田柵遺跡の関連キーワード角館仙北仙北市大仙どんぱん節おばこ節ひでこ節雁の里せんなん池田亀治國之誉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone