コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城輪柵遺跡 きのわのさくいせき

2件 の用語解説(城輪柵遺跡の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

城輪柵遺跡【きのわのさくいせき】

山形県酒田市北部,9―12世紀の城柵跡(史跡)のある遺跡。出羽国府跡。柵はほぼ方形をなし,各辺700m余りで四隅に櫓,四方に八脚門,中央に政庁域がある。887年(仁和3年)以降,水害により八森遺跡に移転したとされる。
→関連項目国衙・国府

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きのわのさくいせき【城輪柵遺跡】

山形県酒田市城輪に存在する古代の官衙遺跡。最上川の北側,庄内平野の北端に位置している。1931年に地元の研究者が発見し,同年の上田三平による発掘調査により,前年発見された〈払田柵(ほつたのさく)〉同様,いわゆる〈柵木〉が発見され,文献上の柵の実体が具体化されたとして,にわかに注目を集めた。31年の調査では,1辺約720mの大きさをもつ方形の外周に,30cm×24cmほどの角材が密接して立ちならび,各辺の中央には八脚門が配され,また各隅には櫓が検出された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

城輪柵遺跡の関連キーワード古神道酒田市実存飛島東北公益文科大学袖の浦円明海宝夏静堀善蔵山口半峰

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone