コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

払米 はらいまい

百科事典マイペディアの解説

払米【はらいまい】

江戸時代,領主層が収納した年貢米蔵米)を売却(売払い)して換金することをいう。また売り払う米をも払米と称した。年貢米の大部分は江戸および大坂など幕府直轄領の大都市で,蔵元・掛屋(かけや)・札差(ふださし)などと呼ばれる有力商人に売却され,換金された。
→関連項目米切手城米

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はらいまい【払米】

江戸時代において年貢米(蔵米)を売り払って換金化する行為,またその売払米を総称する。年貢米の多くは大坂,江戸等の幕府直轄の大都市で換金化された。しかし大名領など国元での払米や村段階の払米もあり,前者は地払,後者は在払,郷払,村払などとも称された。いずれも払米の一形態である。大坂での払米は各蔵屋敷で入札方式によって行われた。入札の時期は西国・北国米は8~10月ごろから,その他は翌年の3,4月ごろからであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

払米の関連キーワード廻米(回米)蔵前相場加島屋堂島

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android