コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

払米 はらいまい

2件 の用語解説(払米の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

払米【はらいまい】

江戸時代,領主層が収納した年貢米(蔵米)を売却(売払い)して換金することをいう。また売り払う米をも払米と称した。年貢米の大部分は江戸および大坂など幕府直轄領の大都市で,蔵元・掛屋(かけや)・札差(ふださし)などと呼ばれる有力商人に売却され,換金された。
→関連項目米切手城米

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はらいまい【払米】

江戸時代において年貢米(蔵米)を売り払って換金化する行為,またその売払米を総称する。年貢米の多くは大坂,江戸等の幕府直轄の大都市で換金化された。しかし大名領など国元での払米や村段階の払米もあり,前者は地払,後者は在払,郷払,村払などとも称された。いずれも払米の一形態である。大坂での払米は各蔵屋敷入札方式によって行われた。入札の時期は西国・北国米は8~10月ごろから,その他は翌年の3,4月ごろからであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

払米の関連キーワード加徴米蔵米蔵米切手香具売り貢米本石水売り売方蔵米取り年貢米

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

払米の関連情報