コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

抗プラスミン剤 こうプラスミンざいantiplasmin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

抗プラスミン剤
こうプラスミンざい
antiplasmin

血液成分の一つプラスミン (フィブリノリジンともいう) は血液の凝固を阻止する物質で,病気によりこれがふえると出血性が強くなる。必要に応じてこのプラスミンを制御する薬剤である。アミノカプロン酸が知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうプラスミン‐ざい〔カウ‐〕【抗プラスミン剤】

antiplasmins》血液中で血餅(けっぺい)を溶かす働きをするプラスミンに拮抗する薬剤。出血性の病気や手術の出血を抑えるのに使用される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

抗プラスミン剤の関連キーワード急性扁桃炎(アンギーナ/口峡炎)急性扁桃炎止血薬

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android