コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

折板構造 せつばんこうぞうfolded plate structure

世界大百科事典 第2版の解説

せつばんこうぞう【折板構造 folded plate structure】

平らな板を組み合わせて構成する構造体を折板構造と呼び,(1)床や壁など,平面状の構造を屛風状に折り曲げるもの,(2)曲面をいくつかの平板で置き換えるものの二つに大別することができる。平らな板の曲げに対する剛性は,板厚の3乗に比例し,薄くなると曲がりやすくなる。屛風状に折り曲げることによって剛性が増し(厚さを増加させるのと同じ効果),曲がりにくくなる。このことから,(1)の折板構造は,シェル構造と同様に,形態を利用して荷重に対する抵抗能力を付加する構造で,形態抵抗構造に属するといえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の折板構造の言及

【鉄筋コンクリート造建築】より

…施工は多少手間がかかるが,材料が節約になるため小規模建築にも用いられる。(5)折板構造 折り曲げた板状の壁や屋根を鉄筋コンクリートでつくり,建築の構造体とする方式。オーディトリアムなどに実例がある。…

※「折板構造」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

折板構造の関連キーワード鉄筋コンクリート構造

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android