コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

押(し)出し オシダシ

デジタル大辞泉の解説

おし‐だし【押(し)出し】

押して外へ出すこと。
人目に映るその人の姿や態度。風采。「押し出しがいい」
相撲のきまり手の一。双筈(もろはず)にかかるか片手をにかけて、相手の体を押し上げるようにして土俵外に出す技。
野球で、満塁のとき、四球死球などで走者を順に進塁させ、相手に点を与えること。「押し出しの一点」
火山の山腹に流れ出た溶岩や泥流。「浅間山の鬼押し出し
金属合成樹脂などの素材を穴から押し出して、棒状・管状・線状など所定の形や太さに作る加工法。「押し出し成形」
歌舞伎で、車輪をつけた大道具を舞台の前面に後方から押し出すこと。
[補説]2は、ふつう、「押し出しがいい(よい)」「押し出しのいい(よい)」で成句となり、「押し出しが悪い」の形で使うことはない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

押(し)出しの関連キーワードデーリー・エクスプレスユージン=セジュルネ法塩化ビニリデン繊維アコーディオン網戸押出しコーティング押出しラミネート法スタイロフォームプラスチック成形アルミニウム合金ラミネート加工紙絞出し分化作用浅間火山博物館共押出し成形法大阪セメント押出し成形ラミネータ浅間記念館玉虫の厨子ところてん押出し加工

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android