コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見て呉れ ミテクレ

2件 の用語解説(見て呉れの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みて‐くれ【見て呉れ】

《「これを見てくれ」と見せびらかす意から》
みかけ。外見。外観。体裁。「見て呉れのいい家具」「見て呉ればかりで、中身はひどい」
他人の目につくような言動・服装。
「世に―をなす人、その世にはいと多かりけり」〈癇癖談〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みてくれ【見て呉れ】

〔「これを見てくれ」と人の注意を促す意〕
外側から見たようす。外見。見かけ。体裁。 「 -は悪いが味はいい」 「 -ばかり気にする」
他人の目に立つような行為。 「諸事-を専として/洒落本・つれつれ睟か川」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone