コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筈/弭/彇 ハズ

デジタル大辞泉の解説

はず【×筈/×弭/×彇】

弓の両端。弓弭(ゆはず)。
矢の端の、弓の弦につがえる切り込みのある部分。矢筈(やはず)。
相撲で、親指と他の指を広げ、矢筈の形にした手。これで相手のわきを押しつけて攻める。「―にかかる」「―押し」
《矢筈と弦とがよく合うところから》
㋐当然そうなるべき道理であることを示す。また、その確信をもっていることを示す。「君はそれを知っている―だ」「来ない―はない」
㋑その予定であることを示す。「今日届く―になっている」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の筈/弭/彇の言及

【弓道】より

…なお弦は,古くから一貫して麻が使用されてきたが,近年になり化学繊維のものもある。矢は篦(の)(矢軸,簳(やがら)),筈(はず),矢羽,鏃(やじり)から構成されている。篦は多く矢篦竹(やのちく)が使用されるが,現代ではジュラルミン製,グラスファイバー製のものもある。…

※「筈/弭/彇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

筈/弭/彇の関連キーワード矢壺・矢籠・尻籠・矢壷・矢篭・尻篭請け込む・受け込む鬼役・御煮役さくらの唄末筈・末弭ひょうずば本筈・本弭じゃみる負ひなす押っ付け魁翠園焼慷慨切歯川本禎二浅羽主馬突落し筈押し尻持ち足探り白磨り御府内

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android