コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

招商局 しょうしょうきょくZhao-shang-ju; Chao-shang-chü

4件 の用語解説(招商局の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

招商局
しょうしょうきょく
Zhao-shang-ju; Chao-shang-chü

近代中国最大の汽船会社,「輪船公司招商局」のこと。同治 11 (1872) 年,李鴻章の発議で上海に半官半民の会社として発足,民間資本を募集した。光緒3 (77) 年にアメリカ系の旗昌洋行を買収してから発展し,沿海および揚子江航路で優位を占め,また保険,鉱山部門も兼営した。同6年以後,民営となり,宣統1 (1909) 年郵伝部大臣盛宣懐の傘下に入れられ,1912年にはイギリス資本をも導入した。しかしその後も軍閥の徴発,日本軍の攻撃による被害などを受け,さらに人民共和国成立後,大部分は台湾に移り,残部は人民共和国の国営会社に吸収された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

招商局【しょうしょうきょく】

中国の海運企業。清末の1873年に李鴻章(りこうしょう)が設立した官営輪船招商公局を前身とし,1874年民間資本を加え,半官半民の輪船公司招商局とした。1880年民営に移行し,以後中華民国にかけ曲折を経ながら存続した。
→関連項目洋務運動

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうしょうきょく【招商局 Zhāo shāng jú】

中国最初の汽船航運会社である輪船招商局の簡称。1874年(同治13)北洋大臣兼直隷総督李鴻章は,イギリス,アメリカの航運会社に対抗するため,民間から資本を募集(招商)し半官半民(官商合辧)の輪船公司招商局を設立した。資本金は当初100万両(テール)で,総局は上海に,分局は天津,牛荘,烟台,漢口,福州,広州,香港,横浜,神戸,ルソン,シンガポール等に置かれ,漕糧の運搬や貿易に従事した。77年(光緒3)にアメリカ資本の旗昌洋行Russel & Co.の船舶を購入して拡張し,80年には官金を返済して民営となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

招商局
しょうしょうきょく

中国の水運企業。清(しん)末の中国では、水運業はアメリカ、イギリスなどの外国資本が独占していた。これに対抗し、民業の振興(招商)を図るため、直隷総督李鴻章(りこうしょう)の提議で1872年上海(シャンハイ)に創業。政府の融資を受け、漕米を独占するなどの保護策がとられ、民族水運業の中心的存在となった。1874年商弁に改組。しかし外国資本の勢力は強大で、その後1930年代に至るまで、各港出入の船舶トン数は1位のイギリスと2位の日本とでつねに50~60%台を維持する状況であった。加えて経営の拙劣、軍閥・官吏の利権争奪、民族造船業の不振など悪条件が重なり、招商局は長く低迷を続けた。国民政府は同局の再興を計画し、1932年国営にして経営を改善したが日中戦争で休業。1943年重慶(じゅうけい/チョンチン)で再建され、戦後、官民合弁を経て国民政府の移転とともに台北に移り、再度国営企業となった。大陸の残存船舶・施設は中華人民共和国成立後、国営輪船公司(コンス)が継承している。[岡部牧夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

招商局の関連情報